敷居(ルール的な意味で)が高いけどモバイル用ページを超高速で表示する技術?だとか。

参考
モバイルウェブが爆速に! GoogleがAMP (Accelerated Mobile Pages) を立ち上げ | 海外SEO情報ブログ

もうhtmlタグの書き方からして違うのね(・д・)

とかカッコいいけど冗談かと思った。


めもめも

Noto Sans Japanese (Japanese)

https://www.google.com/fonts/earlyaccess

_参考
アーリーアクセスとは (アーリーアクセスとは) [単語記事] – ニコニコ大百科http://dic.nicovideo.jp/a/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%82%B9


今まで使ってこなかったんですが、CodeKitにはKit languageという簡易テンプレート機能があるみたいなんです。
https://incident57.com/codekit/help.html#kit

参考
CodeKitの新機能「Kit Language」(2012年12月19日)
CodeKitの隠れた秀才「Kit Language」で効率化を図る(2013年03月27日)
CodeKitのKit Language(2014年12月11日)
(随分昔からある機能なんだな…

if文は使えないけど変数は使えて
拡張子.kitの中に.kitファイル(.htmlも可)をimport(include)して保存すれば
合体した.htmlファイルを書き出してくれます。

使いこなせたら便利そうなんだけど、
困ったことに拡張子.kitのファイル中ではemmetがうまいこと展開されない( ´・_・`)

例えば

をexpand abbreviationすると

とならずに

となってしまい、このままでは使い物にならない。

.kitでもemmetを有効にする

わりと簡単に対応させられました。

を右クリックして[パッケージの内容を表示]

その中の

を開く

下の方に

を追加

snippets.json

これでおk

ul+を展開して動作確認してみよう。

ついでに.kitに.htmlのカラースキームを適用させる

こちらはcoda2の環境設定から[エディタ>カスタム言語モード]
.kitに.htmlのカラースキーム適用させる

テンプレ使えるようになると、作業ファイルが見やすくなっていいですな。


新しいMBPのターミナルからtreeを使おうとしたらtree: command not foundとの事。
自分でインストールしなきゃダメなんでしたっけね。

とはいえhomebrewは先日installしていたので
treeをinstallするだけで簡単に使えました。

以下手順

※homebrewのインストールはここを参考にしました
【Mac】OS X 10.11 El CapitanにHomebrewをインストールする方法 | HWD Blog

アップデートしたEl Capitanに/usr/localが含まれていたら、パーミッションエラーが起こる可能性があるそうなので、パーミッションを変更

その後普通にinstall

treeのインストール

そしてバージョン確認

treeの使い方メモ