Codaリリースノート

治ったのかー!?これで治ったのか?!
とりあえずアップデートした。

先週末はたまたまネット環境のない所に滞在していたんだけど、
この不具合のせいで全く仕事にならなくて辛かった。
すんごいタイミングだったんだなぁ。


複数のgoogledriveを一緒に開きたくてodrive(https://www.odrive.com/)とか使ってたんですけど
たまに共有に落ちてこないファイルがあったりして使うの辞めました。

とはいえgoogle driveアプリは共有アイテムを拾ってくれなくて困ったなーって思ってたら
マイドライブに移せばローカルでも開けるんですね。

マイドライブに移したいファイルを選択して、右上のマイドライブに移すアイコンをクリックです



いまだに、firefoxのfirebugに慣れすぎちゃってchromeに移行出来ないでいます。

ところが最近、console.log();が吐き出されない事があって数時間ハマってから
こりゃもうほんとに乗り換えねばならんね、と思ってたんですけど

Firefox Developer Editionつうのがあると教えてもらいました。
https://www.mozilla.org/ja/firefox/developer/

console.log();バッチリ動く。

まだしばらくfirefoxの厄介になりそうです。


めもめも

Noto Sans Japanese (Japanese)

https://www.google.com/fonts/earlyaccess

_参考
アーリーアクセスとは (アーリーアクセスとは) [単語記事] – ニコニコ大百科http://dic.nicovideo.jp/a/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%82%B9


今まで使ってこなかったんですが、CodeKitにはKit languageという簡易テンプレート機能があるみたいなんです。
https://incident57.com/codekit/help.html#kit

参考
CodeKitの新機能「Kit Language」(2012年12月19日)
CodeKitの隠れた秀才「Kit Language」で効率化を図る(2013年03月27日)
CodeKitのKit Language(2014年12月11日)
(随分昔からある機能なんだな…

if文は使えないけど変数は使えて
拡張子.kitの中に.kitファイル(.htmlも可)をimport(include)して保存すれば
合体した.htmlファイルを書き出してくれます。

使いこなせたら便利そうなんだけど、
困ったことに拡張子.kitのファイル中ではemmetがうまいこと展開されない( ´・_・`)

例えば

をexpand abbreviationすると

とならずに

となってしまい、このままでは使い物にならない。

.kitでもemmetを有効にする

わりと簡単に対応させられました。

を右クリックして[パッケージの内容を表示]

その中の

を開く

下の方に

を追加

snippets.json

これでおk

ul+を展開して動作確認してみよう。

ついでに.kitに.htmlのカラースキームを適用させる

こちらはcoda2の環境設定から[エディタ>カスタム言語モード]
.kitに.htmlのカラースキーム適用させる

テンプレ使えるようになると、作業ファイルが見やすくなっていいですな。