Firefoxとの付き合いは0.8の頃からなのでわりと長いほうかと思う
以前からメモリ大食いだー大食いだー言われてたけど全く気にしてこなかった
メモリ大食い < 便利なアドオン ですから。

しかし、たまたま「メモリを小食にする設定」てのを見かけたので試してみることにしました、エコですもんね。
以下、覚え書

試した設定は2個

  • 通常は可変になっているキャッシュメモリを固定にする
  • 高速な Back/Forward 機能 (bfcache)によるメモリ使用を制御

アドレスバーに「about:config」

1.フィルタ欄に
[code]browser.cache.memory[/code]
を入力
“browser.cache.memory.enable” が false なら true に変更
“browser.cache.memory.enable” の上あたりで右クリック
[新規作成] – [整数値]
新しい整数値の設定名に
[code]browser.cache.memory.capacity[/code]
と入力
値は以下が目安みたい
512MB:16384
1GB:32768
2BG:65536

2.フィルタ欄に
[code]browser.sessionhistory.max_total_viewers[/code]
を入力
値が-1になっているので0~5あたりに変更

参考:
うむらうす
Firefoxのメモリ食いを小食にする

えむもじら
高速 Back/Forward
bfcache による使用メモリを制御

記事が古いけど3.5でも有効なのかなぁ
タスクマネージャーで確認する限りメモリ使用量は変化なしでした><


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You can add images to your comment by clicking here.