さくらインターネット(スタンダードプラン)に、WordPressを複数インストールしようとして”失敗した”話。

このエントリーは、さくらインターネットのスタンダードプランにて、WordPressを複数インストールしようとして“失敗した”話です。
同じような早とちりをして困ってしまった人用に書きます(居ないと思うけど、念のため)。

さくらインターネットのスタンダードプランはデータベースが1つしか使えないので
他にblogやりたくなっても出来ないなーと思ってがっかりしていたのですが
どうも勘違いだったようで、wp-config.phpの$table_prefixを変更すれば複数設置も夢じゃないって話を発見しました(リンク修正しました)。

具体的には wp-config.php の $table_prefix の値を書き換えて、ブログごとに別の値を指定してやれば良いです。
例:
ブログ「ABC」で使用する wp-config.php の記述。→ $table_prefix = ‘wp_ABC_’;
ブログ「DEF」で使用する wp-config.php の記述。→ $table_prefix = ‘wp_DEF_’;

これを参考に、とりあえず「やる・やらない」は別にして試しに複数設置してみよう、と何も考えずにwp-config.phpを編集(失敗1)してアップロードし

table_prefix

それから「/wp-admin/」にアクセスするとインストール画面になるので、適当な名前を付けてインストールしました(失敗2)

WordPress ようこそ 画面

何を思ったかインストール先は、/だった為に乱雑モックアップは今インストールしたばかりのデタラメなタイトルのblogに上書きされてしまったああッ!!!

$table_prefixを別にしたから、データが残ってるんじゃないか?と考え
さくらインターネットのサーバーコントロールパネルにログインして、MySQLを覗いてみる。

さくらコントロールパネル

wp-posts

よかった残ってた、とりあえず新しく追加した空っぽのtableを削除してwpの管理画面にログインすると
見慣れた乱雑モックアップのダッシュボードが表示されたッ!
投稿数も同じ、サイトを表示させてみると、ちゃんと復旧された。

かのように見えただけで、後続のページやカテゴリー、検索、とりあえずindexと下書き保存されたもの以外googleの画面になってた。

この理由が分からなくて困った、困った。

バックアップしていたデータをインポートしてみたけど、状況は変わらずにindex以外表示されない。
でもデータはあるんだから、表示されないということは単純にリンク切れなんじゃないか?と推測する。
DBを覗いてみるとpostsには?p=29みたいなアドレスが付いてる。
これあれだ、設定 – パーマリンク設定のデフォルトだ。
パーマリンク設定画面

こうなる前は「月と投稿名」を選択してたから、それに変更してみると、パスが通るようになってindex以外も表示されました。

結論

wp-config.php の $table_prefixを増やして、WordPressを誤って上書きインストール
記事データがあるのにパスが通らなくなったら、パーマリンク設定を見直してみる。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You can add images to your comment by clicking here.