Photoshopの自由変形(Ctrl+T)で、オブジェクトのwとhを(px)ピクセル表示させる。

ctrl+tやバウンディングボックスの端っこをクリックすると、自由変形になる
このとき数値入力でオブジェクトを変形できるんだけど、widthとheightの初期単位は%で不便。Webをやるならpxにしたいおね。

これ実は簡単にpxに変更する方法があるんだけど再起動すると%に戻る
まぁ知ってる人は知ってて知らない人は知らない、空席をのぞけばほぼ満員的な、知ってても全く役に立たないphotoshop(win)のお話。

自由変形

やり方

オプションバーのw:とh:の横のinputの上で右クリックすると単位を選べる。以上。

右クリック

あまり役に立たないのは、最初に書いたように次にphotoshopを立ち上げると%に戻ってる事と、
単位を変更しても、変更した単位を基準にサイズの変更をしてくれずに%で処理される。
つまり、pxを選んでいても、サイズを変更する時に数字を入力したあとにpxを付けないと%として扱われる。

けど、毎回psを起動するたびに適当なオブジェクトの端っこをつまんでw:100%h:100%てなってるところに
「px」とだけ入力して単位を変更する事にくらべたら、右クリック一発で変更できるぶん便利。

まぁでも1回自由変形を使って%以外の単位でサイズ変更すると
次に自由変形をした時その単位を記憶してる(pxで変更したら、次もpxでサイズが返る)ので、photoshopを起動するたびにわざわざ右クリックして単位を変更する必要も無いかもしれないですけど。

サイズといえば情報パネルからも確認できるようだけど、
うちはオブジェクトの端っこをクリックしてサイズをチェックする事が多いです、視線移動が楽なんです。

ちなみに今回作ったシェイプ
オプションバーと情報パネルでheightの値が1px違う結果に…

ズレる

拡大して確認すると情報パネルの値が間違ってるような気がする。


“Photoshopの自由変形(Ctrl+T)で、オブジェクトのwとhを(px)ピクセル表示させる。” への5件のコメント

  1. 「以上」という小気味よさに感動です!

    毎回目で見て調整していました。
    ありがとー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You can add images to your comment by clicking here.