イラレメモ

あんまり使わなくて忘れちゃいそうなものや事のメモ。

fontサイズ

Ctrl + Shift + < か >

バウンディングボックスの表示非表示

Ctrl+Shift+B
自由変形ツール[E]使ってた。

パスを連結、つなげたいパスを選択して

Ctrl+J
最後のパスはオブジェクトを選択した状態でも繋がる。

パスのアウトライン

[オブジェクト] – [パス] – [パスのアウトライン] (複合パスになる)
[オブジェクト] – [分割・拡張] (グループになる)
パスのアウトライン

テキストのアウトライン

[書式] – [アウトラインを作成]
テキストのアウトライン

効果のかかったオブジェクトのアウトライン

[オブジェクト] – [アピアランスを分割]

現在開いている書類を変更

photoshopだと「ctrl+tab」で書類が切り替わってたのにイラレは出来ない、、、と思っていたら

illustratorは「ctrl+F6」で書類を切り替えられた
と2007年のメモに書いてあったんだけど、今はctrl+tabも使えるのよね、なんでだろう。

ガイド

パスを選択してctrl+5でガイド化
ctrl+alt+;でロック解除
ロック解除状態でctrl+shift+5でガイドからパスへ戻す。

ブレンド

パスの起点と終点で挙動が変わる
ブレンド:Ctrl + Alt + B
ブレンド解除:Ctrl + Shift + Alt + B
ブレンド|Ctrl + Alt + B

ワープツールのサイズ変更

ドラッグ中にAlt
ドラッグ中にAlt、アイコンが変わるよ
アイコンダブルクリックでも
[image]ワープツールオプション

photoshopみたいに [ や ] で変更できたらいいのに。

ハサミツール・ナイフツール

ハサミ・ナイフ
どっちも苦手。
ハサミツールはアンカーで分割、オープンパスが出来る。

ナイフツールは任意の場所で分割、クローズドパスが出来る。
Alt押しながらで直線で引ける、Shiftを追加すると角度が固定
操作感がフニャフニャしてるのが気持ち悪いんだろうな。

段組設定で四角になる

[オブジェクト] – [パス] – [段組設定]のプレビューを on・off してみると四角になる。
[image]プレビューをon/offすると形が変わる

キーオブジェクト決める

複数オブジェクトを選択したあと、キーオブジェクトにしたいヤツをクリックするだけ。
これだと一番左がキーオブジェクトになってる

文字数によって自動で伸縮する背景

テキストに塗りを追加して、文字の下に移動
塗りを文字の下に移動

塗りを選択したまま、[効果] – [形状に変換]
[image]塗りを選択したまま、[効果] – [形状に変換]

縦位置がズレてるので、[効果] – [パスの変形] – [変形]の垂直方向をいじる
[image] / [効果] - [パスの変形] - [変形]の垂直方向

こんな感じ([効果] – [パスの変形] – [変形]の垂直方向をいじる
[image]位置の調整中

こうなる。
伸縮

fontsizeが変わると、また垂直方向を手動で変更しなきゃならん。よい方法はないものか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You can add images to your comment by clicking here.