Photoshopで画像をモノクロやセピアにするとき(結構どうでもいい話)。

画像をモノクロにする際、人の数ほどの方法があると思いますが
お手軽にやるなら以下の3つ4つあたりかな?とおもっちょります。

  1. [イメージ] – [色調補正] – [白黒]
  2. [イメージ] – [色調補正] – [彩度を下げる]
  3. [イメージ] – [色調補正] – [色相・彩度] での 彩度を-100(色彩の統一にチェック入れたり入れなかったり)
  4. [イメージ] – [色調補正] – [チャンネルミキサー] – [モノクロにチェック](2009-12-19追加)

で、うちは3番目の方法を使っています。
なぜかと言うと、以前

[彩度を下げる]だと一発でモノクロになって楽チンだけど、 あえて[色相・彩度]の彩度を-100にして作るモノクロの方が綺麗だ!

という話を聞いたような気がしているので、それからずっと3番の色相彩度から彩度-100でモノクロにしてました。

はたして本当にそうなのか?
色相・彩度

彩度を下げる
あるぇ?どうも同じっぽい。
ほかの画像で試してみても同じようだった。
今までいったい何を信じてたんだろう(笑

では次にセピア。

さっきつくったモノクロ画像からだと
[イメージ] – [色調補正] – [カラーバランス]
階調のバランス3つのカラーレベルを左から+20,0,-20あたりにするみたい
カラーバランス

_結果
カラーバランスでセピアにした画像
退色した画像にしては濃い、と思う。

モノクロにする前の画像から一発で変換するには
[イメージ] – [色調補正] – [色相・彩度] で色彩の統一にチェックを入れて
上から30~40、30、5~10あたりにするといいみたい
色相・彩度から

_結果
色相彩度でセピアにした画像
退色した画像にしてはまだ濃い、と思う。

ところで、セピアセピアいうけど、実際にセピア色な写真をちゃんと見た記憶がないです。
古いポラロイドで退色してるのならあるけど、それとはまた違うんだろうな。
なわけで加工してても「(僕の頭の中の)セピア風」にしかならないような微妙な気分。
スキャンしてアップされてるもの見ても、実際の色味とは違うだろうし信じきっていいものかと半信半疑。

ちなみにwikipediaでセピアを検索してみたらカラーコードが載ってたよ。
あとセピアってもともとはイカ(墨)の事だったのね。

wikipedia|セピア
セピア(sepia)は、イカ墨を原料にした顔料、もしくはイカ墨そのもののこと。また、その顔料のもつ黒みの茶色をも意味する。かつてモノクロ写真などにこの色のインクが用いられたために、古い写真は薄い褐色に色褪せた。

あ、ほらやっぱり
モノクロ写真のインクだったわけだから、ポラロイドのカラーが退色したものとは別ものだろうな。

sepia

16進表記
#6B4A2B
RGB
(107, 74, 43)
HSV
(29°, 60%, 42%)
マンセル値
5.2YR 3.3/3.9

ん~これがセピア・・・!?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You can add images to your comment by clicking here.