[WP]テンプレート階層 メモ

テンプレート階層 – WordPress Codex 日本語版

ページ種類別テンプレート階層

以下、表示するページの種類別に、WordPress に呼ばれるテンプレートファイルの順序を示します。各セクションの見出しが、冒頭の質問「ある種類のページを表示するとき、どのテンプレートファイルが使われるのか?」の、「ある種類のページ」に当てはまります。

メインページ

訪問者がサイトのメインページ(ホームページ)にアクセスした場合、WordPress はまず最初に、静的フロントページ/enかどうかを判断します。静的フロントページが設定されている場合、固定ページのテンプレート階層に従ってテンプレートを読み込みます。設定されていなければ、次の順にテンプレートファイル名を探し、最初に見つかったテンプレートを使ってページを生成します。

  1. home.php
  2. index.php

単体記事ページ

  1. single.php
  2. index.php

固定ページ

ページテンプレート:

  1. ページ作成画面の「ページテンプレート」ドロップダウンメニューで選択したファイル名
  2. page-slug.php – 例えば固定ページのスラッグが “about” の場合は page-about.php
  3. page-ID.php – 例えば固定ページの ID が6の場合は page-6.php
  4. page.php
  5. index.php

注: これは「固定ページ」を指し、ブログの一般的な記事や Web ページのことではありません。また、page-slug.php および page-id.phpバージョン2.9以降でのみ使えます。

カテゴリページ

カテゴリーテンプレート:

  1. category-slug.php – 例えばカテゴリーのスラッグが “news” の場合は category-news.php
  2. category-ID.php – 例えばカテゴリID 6 用のテンプレートであれば category-6.php
  3. category.php/en
  4. archive.php
  5. index.php

注: category-slug.phpバージョン2.9以降でのみ使えます。

タグページ

タグテンプレート/en:

  1. tag-slug.php
  2. tag-ID.php
  3. tag.php
  4. archive.php
  5. index.php

注: タグテンプレートはWordPress 2.3 以上でのみ使えます。また、tag-ID.phpバージョン2.9以降でのみ使えます。

著者テンプレート

著者テンプレート/en:

  1. author.php
  2. archive.php
  3. index.php

日付別ページ

例えば月別アーカイブページなど

  1. date.php
  2. archive.php
  3. index.php

検索結果ページ

  1. search.php/en
  2. index.php

404 (Not Found) ページ

  1. 404.php
  2. index.php

添付ファイルページ

記事本文への画像添付/enで ‘Linked to Page’ を選んだ場合に、画像のリンク先として使われるページ

  1. MIME_TYPE.php – image.php, video.php, audio.php, application.php, その他 MIME type の最初の部分のファイル名
  2. attachment.php
  3. single.php
  • index.php

  • “[WP]テンプレート階層 メモ” への1件のコメント

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    You can add images to your comment by clicking here.