mb_strlen()で変な値が返ってくる時は文字エンコードを指定する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

strlenは文字列の長さを取得する関数で戻り値はバイト数らしい。
そして、mb_strlenはマルチバイトを考慮して文字列の長さを取得できるそうだ。

こんな感じ。

けれど、ローカルのxamppでは以下の値を取得してしまった。

phpの内部エンコーディングと合わない時にそうなるみたいで、
解決法はmb_strlen()関数の第2引数に文字エンコードを指定すれば良いみたい

あーびっくりした。

参考 / 21. mb_strlen()関数の落とし穴 – PHP TIPS:ITpro

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. スーパーコピー 後払い com より:

    ブランド N級 スーパーコピー販売
    弊社はルイヴィトン、グッチ、ロレックス、オメガ等世界有名なブランド コピー品を販売しております。
    以前はヤフーと楽天で販売しました。
    今はホームページを作って販売する形になりました。
    弊社は2007年に設立しました、何年も経ちましたので、豊富な経験を持っております。
    弊社は在庫量を保つためにたくさん工場と協力しております。
    全部、品質を保つために、
    一流の素材を選択してスーパー コピー品を作っている工場です。
    1、品質を重視、納期も厳守、お客様第一主義を貫きは当社の方針です。
    2、最も合理的な価格で商品をお客様に提供致します。
    3、不良品の場合、交換いたします。
    没収された場合、もう一度無料で発送いたします。
    4、卸売できます、小ロット対応できます。

コメントを残す


You can add images to your comment by clicking here.