WordPressのバックアップと復元を練習

乱雑モックアップにはWordPress Database Backup(*1)をインストールしてあって、毎週gmailにデータベースのバックアップが届くようになっているんだけど
それを使って復元した事が一度も無い、というより復元の仕方がよく判らない。

これじゃあ、いざって時に危ないので自分なりに調べて練習してみる事にする。
(*1 WordPress Database Backupは、データベースを定期的に自動バックアップして、そのデータを指定したメールアドレスへ送信出来るプラグイン)

以下、自分なりの解釈なので、表現や手順に間違いがあるかもしれないですけどメモ。

バックアップ

バックアップが必要なのは、データベース(MySQLから)ファイル(FTPから)の2種類。

まずファイルのバックアップ
WordPressをアップしてあるディレクトリの中身をFTPで全ゲットしておく。
テーマやプラグインやcss、jsは
ローカルに保存されているので大丈夫だろうけど、
アップロードした画像(wp-content/uploadsにあるやつ)は
名前が変わっているのもあるので。

データベースのバックアップ
前述のWordPress Database Backupを使ってバックアップするとなぜか中身が2KBのsqlしか吐き出してもらえなかったので
phpMyAdminを使ってバックアップをとることにする。

参考:データベースのバックアップ – WordPress Codex 日本語版

[image]phpMyAdminでWordPressのdbを選択しエクスポート
phpMyAdminにアクセスして
WordPressのデータベースを選択、この場合はchiro2
エクスポートをクリック。

こんな画面になる
[image]エクスポート設定、SQLで書き出す

左側 / 吐き出すテーブルと形式を選択
wp-config.php内のtable_prefixで決めた接頭辞を持つのがWordPressのテーブル。
wp-config.php

あとでwp_optionsが問題になるけど含めて吐き出す。
[image]吐き出すテーブルと形式の選択

右側オプションとデータ
[image]オプションとデータ
さくらインターネットだとDROP TABLE / VIEW / PROCEDURE / FUNCTION / EVENT を追加のチェックが外れてるのでチェック。

下側 / そのままで実行
[image]下部、そのまま

データベースのバックアップ完了

インストールと復元

今回はローカルのxamppにインストールしたWordPressに復元してみる。
移管する時やドメインを変更する時と同じようなイメージ。

バックアップしたファイル類を適当なフォルダに保存して
前回覚えたてのバーチャルホストを設定
参考:サイトルート相対パスとDreamweaverとバーチャルドメイン(バーチャルホスト?)

_wpって名前にしたとして次へ。

ちなみにWordPress.com Statsを使っている場合
1つのAPIキーで別々のサイトに設置した事になってしまうとマズいので
stats.phpは削除したほうがいいかも。
それかphpMyAdminから削除するとか
(statsや自分のAPIキーで検索するとそれらしいのが出てくる)

localhostのphpMyAdminにアクセスして
バックアップしたデータベースと同名のデータベースを作成する。
(xamppやphpMyAdminのパスワードを忘れた場合の確認方法:http://localhost の “xampp user” に対するユーザ名とパスワードを入力してください)

[image]phpMyAdminでバックアップと同名の新規データベースを作成する

ドメインが変わる場合はwp_optionsをクリック
[image]wp_optionsの場所

変更ナシならここは飛ばして次のwp-config.phpを編集。

wp_optionsをクリックしたら
option_nameがsiteurlとhomenの行を探す(siteurlは一番上でhomeは2ページ目にあった)。
それか検索タブからblogのアドレスを検索。

エクスポートしたサイトのアドレスが入っているので
インポートするサイトのアドレス(http://_wp/)に変更する。
siteurlを変更しないままログインすると
エクスポートしたWordPressの管理画面に飛んじゃう。

[image]編集する場所

[image]option_valueを環境に合わせて書き換える。

[image]編集する場所2

上で変更したのは 管理画面の[設定] – [一般設定]の以下の部分

  • WordPress のアドレス (URL)
  • サイトのアドレス (URL)

homeの方は、後からでも変更出来る。
[image]変更したoption_valueはここのWordPress のアドレス (URL)とサイトのアドレス (URL)の値

wp-config.phpを新しい環境に合わせて編集
/ WordPressのルートディレクトリにある、コメントがあるから大丈夫。

_wp/wp-adminにアクセスしてログイン
ちゃんと復元できてるか確認

[image]ローカルで復元したWordPressのスクリーンショット

大丈夫かな?


“WordPressのバックアップと復元を練習” への4件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You can add images to your comment by clicking here.