Coda2にzen-codingを入れて、カスタマイズ

Coda2のzen-codingで地味に困る事。を追加。
解決方法をご存知でしたらぜひ教えて下さいませ。
追記ここまで。

日本語化されるまで触らないでおこうと思いつつ
ちょっとしたコーディングをする際にちょこちょこ起動してるCoda2

zen-codingを入れてhtml:5とやるとlang=”en”になっていたり<!DOCTYPE HTML>と少し気持ち悪かったのでカスタマイズする事に。

zen-codingを拾ってくる

Downloads – zen-coding – Set of plugins for HTML and CSS hi-speed coding – Google Project Hosting
Zen Coding for Coda v0.7.1 をダウンロードした

/Users/[ユーザー名]/Library/Application Support/Coda 2/Plug-ins/TEA for Coda.codaplugin
右クリックして「パッケージの内容を表示」

Support/Library/zencoding/zen_settings.py
をバックアップしてから
CotEditorで開いた

でもってenをjaに変更

[text]
‘lang’: ‘ja’,
‘locale’: ‘ja-JP’,[/text]
[image]気持ち悪い場所

ついでに

私、気になりますっ!

なんでHTMLが大文字でlangはlocaleなんでしょう?
[image]書き換えます

!DOCTYPE HTMLを
!DOCTYPE htmlにしました。
[image]小文字とjaにしました

ちなみに、W3C(HTML5)の記述はこんな感じだった

lang属性はなんて書くのがいいんだろう?

おまけでjQueryやviewportの記述も追加しておく
[image]色々追加
コンディショナルコメントのところの[]は\でエスケープ。

この段階のhtml:5をzen-codingすると

こうなる。

テンプレ部分の参考サイト

HTML5+CSS3の導入時に役立つ7つの設定 : アシアルブログ
【HTML】最近のPCサイトに見るテンプレ要素まとめ | istis

ちゃんと勉強してテンプレを作りたいなー。


“Coda2にzen-codingを入れて、カスタマイズ” への2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You can add images to your comment by clicking here.