mountain lionでNASを自動マウントさせる

I-O DATA ミラーリング対応 超高速 LAN接続型ハードディスク LAN DISK(iPhone 5・Android端末対応、DTCP-IPにも対応) 4.0TB HDL2-A4.0を買ったった!

※後日譚)

アホみたいに喜んでいるけど、この時の自分に教えてあげたい、この商品もアイ・オー・データ機器もマジ最悪だと。
この会社の製品は二度と買わないし二度と関わりたくない、あたしってほんとバカ。

ioPLAZA:IO DATA製品 お買い得ワケあり品コーナー | IO DATA直販 アイオープラザのプレミアムアウトレットにたまに(台数限定だけど)25,000〜27,000円あたりで放出されてる事があって、随分前からチャンスを伺ってたんだけどそこではなかなか購入できず
そうこうしているうちにいよいよ現状のハードディスクの空き容量が危うくなってきたのでamazonで買いました。
一緒に1mのLANケーブルをポチったんだけど、HDL2-A4自体に同じ長さのLANケーブルが同梱されてたから見事に無駄になってしまった。

とりあえず今までは、2TBの外付けUSB2.0ハードディスクを半分に区切って
TimeMachineに1TB割り当ててたから、実質使えていたのは1TBだけだったけど
今回はどどんと4TBっす(RAID1にしなかったので)。
そんでもって初NAS。
これでついうっかり「取り出す」をする前に外付けハードディスクを引っこ抜いてあわわわしちゃう事もなくなるはず。

外付けUSBハードディスクみたいに自動マウントさせたい

初期設定をすませると、finderの共有のところにLANDISKと表示されるんだけど
毎回そこからマウントさせるのは面倒くさそう。

調べたらありました、簡単に自動マウントさせる方法

方法は簡単です。

  1. Finderの「移動」メニューから「サーバーへ接続」で、NASをマウントします。
  2. 「システム環境設定」の「ユーザーとグループ」を開きます。
  3. ログイン中のユーザー(自分)がパネルに表示されているはずなので、「ログイン項目」タブをクリックします。
  4. パネルの下にある「+」をクリックして、ダイアログから自動マウントするNASを選択し、「追加」をタップします。

これで設定は完了です。設定したユーザーでログインすると、NASが自動的にマウントされるようになります。

ひと手間かければ快適に! NASを自動マウントする方法 : ライフハッカー[日本版]

automatorを使うより全然簡単。

残りの問題は

データ移動の終わりが見えない
[image]半分で残り5日

外付けハードディスク内の半分ちょっとのデータを移すのに5日とか・・・