1)MW WP Form側の作業

MW WP Form編集画面の右下にある設定の
URL引数を有効にするにチェックをいれて
$post(WordPress私的マニュアル)のプロパティを使えるようにする。

MW WP Form編集画面

2)テンプレート側の作業

MW WP Formへのリンクに投稿IDを含ませる

↓こんな風なリンクにしたい
http://example.com/apply?post_id=投稿ID

3)再度MW WP Form側の作業

$post:WordPress私的マニュアルのプロパティが使えるようになっているので

でリンク元のページの情報を表示出来る。

4)返信メールに含めるには

自動返信メール設定

{キー}でそのフォーム項目に変換されます。
と書いてあるので

自動返信メール設定の本文などに{post_title}や{post_name}と書いてみても
返信メールのその部分は空白になってしまった

そこで一度hiddenフィールドに渡してからそのnameを使ってみたら、
返信メールに{post_title}や{post_name}を含める事が出来た

自動返信メール設定の本文などには
name属性で指定した変数(?)を使う

MW WP Formプラグイン公式ページ

MW WP Form – 柔軟なカスタマイズ性が魅力の WordPress 問い合わせフォームプラグイン。

以上。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You can add images to your comment by clicking here.