とりあえずメモ

setIntervalからsetTimeoutへ

何から書こうかな

まず前回の続き

1.setIntervalで、イベントをonclickからonmouseover,onmouseoutに変更、等速から等加速運動に変更
http://sakurachiro.com/_exercise/javascript/timer/setInterval_opacity_1.html

setIntervalで呼び出す関数に引数を持たせたら動かない
これだとダメ

functionで呼び出したらok

引数はこれで解決したものの
setIntervalが同時に何個も呼ばれてしまい失敗。

2.上記に関数が動いてるかのチェックを追加
http://sakurachiro.com/_exercise/javascript/timer/setInterval_opacity_2.html

3.行き詰ったのでsetTimeoutを勉強してみる
http://sakurachiro.com/_exercise/javascript/timer/setTimeout_opacity_1.html

と、こんな感じまできた
次は、現在1個のidにしか対応してないので、対象の要素(とりあえずa?)が複数あれば勝手に全部対応できるようにさせる。

肝心のopacityは
CSS Validation Service|テキストエリアに直接入力して検証によると

プロパティ opacity は CSS レベル 2.1 に存在しませんが、[css3] に存在します

なんだけど、IE以外のブラウザ、opera/google chrome/safari/Firefox なんかはすでにopacityに対応してる。
IEは独自拡張のfilterをつかって対応

その場合hasLayoutをtrueにしておく必要があるみたい(clearfixみたいにzoom:1が影響がない?)
しかし独自拡張かぁ。
CSS3も先行実装なんだけど、いつか実装された時に修正なしで使えるのがいいおね。

Google Chrome でExtension(アドオンみたいな)の使う設定メモ

Channel Changer

ショートカットのプロパティのリンク先のおしりに
「 –enable-extensions」追加
どうも今は上のがなくても(Devだと)エクステンションが動くみたいだなぁ

エクステンション
http://www.mychromeaddons.com/

インストールされてるエクステンション確認
chrome://extensions/

ユーザースクリプトと同時に使うにはどうしたらいいのかなぁて検索してたら
Google Chrome 拡張(Chrome Extension) はてなブックマークのエントリー数を表示する Chrome拡張を作ったに画像入りでわかりやすく書いてあったのでそっちを参考にすればいいか!とういうメモになった。
勉強になります。

テンプレートタグ/bloginfo|

WordPress codex日本語版|テンプレートタグ

テンプレートタグ/bloginfo

* 書式: <?php bloginfo(‘show’); ?>
* 説明: 使用中のWordPressブログに関するさまざまな情報を出力。
* 位置: ループ内・外
* 引数:
o show (規定値)
出力する情報の内容。
+ name(「一般設定」管理画面で指定したブログのタイトル)
+ description(「一般設定」管理画面で指定したブログの説明文)
+ url(ブログのサイトURL)
+ rdf_url(RDF/RSS 1.0 形式のメインフィードURL)
+ rss_url(RSS 0.92 形式のメインフィードURL)
+ rss2_url(RSS 2.0 形式のメインフィードURL)
+ atom_url(Atom形式のメインフィードURL)
+ comments_rss2_url(RSS 2.0形式のコメントフィードURL)
+ pingback_url(ピンバック用URL。XML-RPCファイルを指す)
+ admin_email(「一般設定」管理画面で指定した管理人のメールアドレス)
+ charset(「表示設定」管理画面で指定された文字コード)
+ version(現在使用中のWordPressのバージョン)
+ html_type(”Content-type”の設定値)(Version 1.5以降)
+ wpurl(WordPressをインストールしたURL)(Version 1.5以降)
+ template_url(使用中テンプレートのURL)(Version 1.5以降)
+ stylesheet_directory(使用中のメインCSSファイルが置かれたディレクトリのURL)(Version 2.3.1 で廃止)
+ stylesheet_url(使用中のメインCSSファイルのURL)(Version 1.5以降)
+ template_directory(使用中テーマファイルディレクトリのURL)(Version 1.5以降)

* コード記述例:

* 出力例:

あれ?
stylesheet_directory(使用中のメインCSSファイルが置かれたディレクトリのURL)(Version 2.3.1 で廃止)てなってるけど、デフォルトのテーマにガンガン出てきたような?
template_urlに差し替えたほうがいいのかな?

日本語の雰囲気からして

  • 非推奨は、(いつ使えなくなるかわからないけど)まだ使える
  • 廃止は、もう使えない

な印象なんだけどな。

テンプレートタグ/bloginfo|

WordPress codex日本語版|テンプレートタグ

テンプレートタグ/bloginfo

* 書式: <?php bloginfo(‘show’); ?>
* 説明: 使用中のWordPressブログに関するさまざまな情報を出力。
* 位置: ループ内・外
* 引数:
o show (規定値)
出力する情報の内容。
+ name(「一般設定」管理画面で指定したブログのタイトル)
+ description(「一般設定」管理画面で指定したブログの説明文)
+ url(ブログのサイトURL)
+ rdf_url(RDF/RSS 1.0 形式のメインフィードURL)
+ rss_url(RSS 0.92 形式のメインフィードURL)
+ rss2_url(RSS 2.0 形式のメインフィードURL)
+ atom_url(Atom形式のメインフィードURL)
+ comments_rss2_url(RSS 2.0形式のコメントフィードURL)
+ pingback_url(ピンバック用URL。XML-RPCファイルを指す)
+ admin_email(「一般設定」管理画面で指定した管理人のメールアドレス)
+ charset(「表示設定」管理画面で指定された文字コード)
+ version(現在使用中のWordPressのバージョン)
+ html_type(”Content-type”の設定値)(Version 1.5以降)
+ wpurl(WordPressをインストールしたURL)(Version 1.5以降)
+ template_url(使用中テンプレートのURL)(Version 1.5以降)
+ stylesheet_directory(使用中のメインCSSファイルが置かれたディレクトリのURL)(Version 2.3.1 で廃止)
+ stylesheet_url(使用中のメインCSSファイルのURL)(Version 1.5以降)
+ template_directory(使用中テーマファイルディレクトリのURL)(Version 1.5以降)

* コード記述例:

* 出力例:

あれ?
stylesheet_directory(使用中のメインCSSファイルが置かれたディレクトリのURL)(Version 2.3.1 で廃止)てなってるけど、デフォルトのテーマにガンガン出てきたような?
template_urlに差し替えたほうがいいのかな?

日本語の雰囲気からして

  • 非推奨は、(いつ使えなくなるかわからないけど)まだ使える
  • 廃止は、もう使えない

な印象なんだけどな。

メモリ大食い

Firefoxとの付き合いは0.8の頃からなのでわりと長いほうかと思う
以前からメモリ大食いだー大食いだー言われてたけど全く気にしてこなかった
メモリ大食い < 便利なアドオン ですから。

しかし、たまたま「メモリを小食にする設定」てのを見かけたので試してみることにしました、エコですもんね。
以下、覚え書
続きを読む

DOMとDHTML

いまさら感たっぷりですけど
DOM(Document Object Model)と
DHTML(Dynamic HTML)の違いは?
AJAX(Asynchronous JavaScript + XML)は非同期通信を利用したDHTML?

document.write()が
document.getElementById(“ID名”).innerHTML?