Photoshop CC(2015)にアップデートしたら、
ファイル>スクリプトの中身がすっからかんになっていた
2014までのjsxと2015からのjsxは書き方が違うんだろうか?

クイック書き出しが出来なくなるのは残念だなぁと思ったけど2014に戻す事にしました。

以下、バージョンを戻す時に、おや?と思った部分のメモ

製品の一覧の中にある以前のバージョンを表示から表示されるPhotoshopのインストールをクリックすると
過去のバージョンも選択出来ます。

以前のバージョンを表示


現象

どうゆう現象か

スポイトで色を拾おうとしたり、スウォッチに登録しようとすると
描画色ではなく、背景色が適用されちゃう。

ツールバーのところでは描画色と背景色の入れ替えしかないもんなーって思ってたら
カラーパレットの方でどっちを有効にするか指定できました。

カラーパレット

アクティブな方にうっすら白い枠がッ
描画色と背景色

描画色の方をクリックしてあげたら元の挙動に戻りました。


気付いたら前回投稿した方法でパターンのサイズを確認できなくなってた。

photoshop / 登録してあるパターンのサイズを調べる | 乱雑モックアップ

なんてこと!?超不便。

プリセットマネージャーから確認も出来るんだけど、そこにたどり着くまでが手間だ。

それよりかはマシってレベルのサイズを確認する方法として
[パターンコピースタンプツール]にして、上部ツールバー?みたいなところにマウスを乗っけるてのがありました。

サイズ

パターンスタンプツール

でもレイヤースタイルの画面からサクッと確認したいんすよう
2015では改善されてんのかな?


新規ドキュメント選択画面
ドキュメントタイプにLESSやSassやSCSSがあるんだけど
実際使うとカラーリングが入れ子を認識してない。

ソースフォーマットをするとインデントされずに、1行目に空行が入る。
入れ子になったulをスルーして
ulに対応した「}」が開始タグなしとして扱われてる。
ulがスルー、}の開始が存在しない表示になる。

ファイルウインドウのアイコンも.htmlや.phpといった拡張子関係なく同じだし、全体的にグレーで視認性がすこぶる悪いと思うの。

自分でアイコン選択出来るのかな?