dreamweaver

ルートパスとDreamweaverとバーチャルホスト(バーチャルドメイン?)

突然、ルートパス(サイトルート相対パスと呼ぶの?)で書かれたサイトを触る事になって困ったので調べたメモ。

そもそもルートパス(サイトルート相対パス?)ってなんぞ?

ルートパス
サイトルートのルートディレクトリからみた相対パス
/から始まる。
絶対パス
外部サイトへリンク貼るときなんかのパス
httpから始まる
相対パス
ファイルから見た対象ファイルへのパス
よく使う

ルートパスで書かれたサイトをローカルでプレビューするには

Dreamweaverだと

[text gutter=”false”][編集] – [環境設定] – [ブラウザでプレビュー] – [オプション]一時ファイルを使ってプレビューにチェック[/text]
しておけば相対リンクがドキュメントでもプレビュー出来る(プレビューは)。

編集する設定はadobeのサイトAdobe Dreamweaver CS4 * 新規リンクの相対パスの設定
を参照 / ヘルプの引用

[image]一時ファイルを使用してプレビュー

[image]サイト管理のとこ

メリット(だと思うところ)
これだとローカルにサーバーを立てる必要もない。

デメリット(だと思うところ)
IETesterでIE6の表示を確認する時たいへんなのと
編集修正するたびブラウザの更新で確認できない。

XAMPPだと

バーチャルホストを使うのが現実的みたい。

編集するファイルは2つ
1つめ
C:\xampp\apache\conf\extra\httpd-vhosts.conf

(うちのPCでの設定ファイルの場所)

1-1)
[text]NameVirtualHost *:80[text]のコメントアウト(##)を削除して有効化する。

1-2)
例 / dドライブのsiterootフォルダをドキュメントルートにして
http://sitenameでアクセス出来るようにするには。

[text]<VirtualHost *:80>
DocumentRoot "D:/siteroot"
ServerName sitename
<Directory "D:/siteroot">
order deny,allow
allow from all
</Directory>
</VirtualHost>
[/text]
(ちょっと修正した)
Access forbidden!Error 403になっちゃうならDirectoryの指定は必要
<Directory>は<VirtualHost>の中でも外でも問題なにのだろうか?
DocumentRootのパスに2バイト文字が混ざってると上手くいかない感じ。

Directoryの中に記述できるモノもようわからん。
ここらへん?
http://httpd.apache.org/docs/2.2/ja/mod/core.html#directory
http://httpd.apache.org/docs/2.2/ja/mod/core.html#options
http://httpd.apache.org/docs/2.2/ja/mod/core.html#allowoverride

2つめ
C:\WINDOWS\system32\drivers\etc\hosts

例 / さっきのServerNameに記述した名前(sitename)を追加
[text]127.0.0.1 localhost sitename[/text]とか
[text]127.0.0.1 localhost
127.0.0.1 sitename[/text]みたいな感じで

Apacheを再起動してhttp://sitenameにアクセスしてみる。
いままでこれ知らなかったから
phpのテストをしたい場合
xamppのhtdocs以下にフォルダ作ってて
不便だと思ってたけど、他のサイトと同じように管理出来るのかしら。
ん~2バイト文字のフォルダ名が付いてるとエラーがでるのぅ。
もうちょい試してみよう。

参考にしたサイト

続きを読む

Dreamweaverを再インストールした時の設定や別PCから設定を移したりする時用のメモ

[image]ちろ / 本文と関係はない猫の画像

バックアップどこにあるんだろう?とか復元どうやってさせんだっけ?と忘れちゃうのでメモ。
ゴリゴリとカスタマイズして使ってるわけでもないけど、手に馴染むようにしたいじゃない?

スニペットを移す

保存してある場所(例はxp)

xpのapplication dataは

windows7だとappdataのroamingフォルダ

新規ドキュメントのテンプレファイルをいじる

新規作成時のhtmlを自分好みにしたいならDefault.htmlをいじる。
最初にあるファイルは適当にバックアップ、うちはDefault.html_bakって感じにリネームしてる。

Windows7に移す時は

cs5なら

zen-codingを入れる

Downloads – zen-coding – Project Hosting on Google Code
Dreamweaver用の各バージョン一覧

ついでにショートカット追加

[編集] – [キーボードショートカット(Y)] – [コマンド(C)] – [Zen Coding]
[Expand Abbreviation](zen-codingする)にCtrl+E追加
[Toggle Comment](選択範囲をコメントにする)にCtrl+Shift+CCtrl+Alt+C(編集 – コードをたたむ – 選択範囲以外をたたむ とかぶるけど)を追加
あと
[Wrap with Abbreviation](選択範囲をタグで包む) – Ctrl+Shift+Aを追加してもいい。
すでに設定してあるならわざわざやり直さなくても次の方法で復元できる。

カスタムショートカットを移す

の中にオリジナルのキーボードショートカットが.xmlで保存されてるの移す。

コードヒント系

CodeHints.xmlを念のためバックアップ。

cs5のcssコードヒントはこっちかも
windows7

以下のサイト様から素敵なコードヒント達をダウンロード出来る

dwlog.net: 自作機能拡張アーカイブ
[ BUN:Log ] Dreamweaver CS4版/CS5版 スペシャルコードヒント
[ BUN:Log ] [ 改訂版 ] Dreamweaver CS3版 スペシャルコードヒント
widowsプロパティの誤入力を防ぐCodeHints.xml|カラクリエイト

拡張機能を入れる

え~っとあのmxpどこに保存したっけ?となったら以下のサイト様が綺麗にまとめてくれているので参考にする。
Dreamweaverの拡張機能まとめ | Arch

ワークスペースを復元する

自分で作成したワークスペース名の.xmlがあるから多分移し替えるだけで表示されるようになるはず。
これまだ試してない。

あと移しておきたいの何かあるかな。

Dreamweaverdeの正規表現を使って「aを含まないb」を検索

htmlの中の大量にある画像でjpg以外のimgタグを検索したり
htmlで終わらないaタグやtarget属性のないaタグだけを検索したりしたくなりませんか?
なるんですよ。なったんですよ。
でDreamweaverの正規表現でサクっと出来んもんかな?と頭をひねってみました。

否定先読みってのを使うと出来るっぽいです。

jpg以外のimgタグを検索

検索対象

検索文字
[text](?!src=".*jpg")src=".*"[/text]

結果
jpg以外検索の結果

target属性のないaタグだけを検索

検索対象

検索文字
[text](?!<a.*target=")<a[/text]

結果
target属性がないaタグを検索した結果

.html以外のリンクを検索

検索対象

検索文字
[text](?!href=".*html")href=".*"[/text]

結果
.html以外へのリンクを検索した結果

ありゃ、head内のcssもマッチしちゃった。

検索 – 特定のタグ でやる

target属性を含めないaタグみたいのなら特定のタグで検索できた。
.jpgじゃないimgの検索の仕方は分からなかった、出来るのかな?
特定のタグ

参考にさせていただきました

DreamweaverのCtrl+Y

キーボードショートカット編集画面

DwのショートカットにCtrl+Y(やり直し)というのがあって、
うちのショートカット勢の準レギュラーです。
Ctrl+Zとペアで行動する事が多い子です。

彼(Ctrl+Y)に期待する具体的な能力は、「取り消しを取り消す」事。

photoshopのShift+Ctrl+Zでヒストリーを1つ進めるのと同じ感じ。
良い例が思いつかないけど、こんな風に。

まずあるテキスト。

1)quick brownを選択してdel

2)やっぱり削除しないでおこう。Ctrl+Z発動。

3)ちょっと待てよ、やっぱりquick brownは必要ないや。Ctrl+Y発動。

このときCtrl+Yすれば、quick brownを選択して削除する手間が省ける。

どうも彼はそれだけじゃないようだ。

「やり直し=ヒストリを進める」ショートカットだと思っていたんだけど、なんか違う。
セルの分割 / Ctrl+Alt+Sをした後や、
段落フォーマットをCtrl+Shift+PCtrl+3で変更した後にCtrl+Yすると繰り返してくれる。

ということは、ヒストリを1つ進めるように見えるのは直前の処理を繰り返しているだけで、実際は取り消しを取り消しになってるだけ?

でも、デザインビューで[右クリック] – [タグを削除(V)]なんかはCtrl+Yしても繰り返してくれないんだよなぁ。

よくわからない子だ。

[Dw]コードフォーマットのインデントにスペースを選択してるというのに

編集 - 環境設定 - コードフォーマットの画面

ちまたではインデントはタブか?スペースか?といった難しい話(インデント スペース タブ – Google 検索)があるみたいですけど、うちはそういったこだわりは全くなくTABを使っていました、現在はスペースを使うようにしてます(大したことない理由なので後述)。

で、Dreamweaverで使うインデントをスペースに変更したのに何か違和感があった。
いくらソースフォーマットしてもTABでインデントされる事があるのた。あるぇ?
全部TABなのかな?と非表示文字を表示してみたところ下の画像の様になった。

HTMLとCSSそれぞれのインデント記号が違う。

違和感がある時の非表示文字を表示した結果(再現)
HTML側の記号がスペースで、CSS側の記号がTABだった、なにこれ。

続きを読む

新規ドキュメント作成時のドキュメントタイプにHTML5を追加する

ずいぶん前に試して放置してたこれ

書いた本人なのに読み直してみても意味がわからないし、なんだか書いてある通りにもならない。
なので再度挑戦してみたい。

ちなみにHTML5で新規追加されたタグをDreamweaverのタグライブラリーに登録してみた – dwlog.net様のhtml5_tag_suites_v004.lzhを使うとやりたい事

< 機能について>

* 登録したタグとその属性についてCodeHintで表示させます。
* 新規ドキュメントダイアログでHTML5を選択可能になります。ファイルメニュー→変換にもHTML5が追加されます。選択するとドキュメントタイプが< !DOCTYPE html>に変換されます。

が出来るようになるんですけど自分でやってみたいじゃないですか。

続きを読む