ツール/アプリケーション

[Coda2]昔adobeが、contribute用の拡張機能として公開していて実はDreamweaverにもインストールする事が出来た機種依存文字変換プラグインに似た変換をするCoda2用プラグイン

Coda2用の機種依存文字ぽいものを変換するプラグイン

ダウンロード▼

機種依存文字変換プラグインダウンロード

どんなもの?

選択したテキスト内の機種依存文字ぽいものを変換します。

昔、adobeがContribute用に公開していた文字パネルという拡張機能の機種依存文字の変換のような変換をします。

文字バネル

実は、上のプラグインはDreamweaverにもインストール出来て、
これがあれば、全角数字や半角の混在や、数字1文字の(株)みたいなのをガンガン織り交ぜた.docを資料として渡されても問題なしでした。

が、いつしか公開は停止されダウンロードページも消滅していました、残念。

インストール方法

次のファイルを解凍して出来たconvert_ng.codaplugin
Library/Application Support/Coda 2/Plug-ins/に入れる

Coda2が起動していたら再起動する

ツールバーのプラグインの中に機種依存文字変換が出てきたらインストール成功かな?
(v2.0.14のutf-8でのみ動作確認済み

使い方

選択範囲内の機種依存文字ぽいものを変換します
1)選択範囲を作って
2)ツールバー>機種依存文字変換(cmd+shift+x

全体を変換する場合は
cmd+acmd+shift+x
でいけるはず。

10.9 Maverick にアップデートしたらSafariが使い物にならなくなって困ったと思ったら

原因は拡張機能のglimsでした!(ノ∀`)アチャー

このページを参考にアンインストールしたらsafariが使えるようになりました
Glimsをアンインストールする – foldrrの日記

ちなみにglimsの最新版をインストールすれば
普通にsafariを使えるようになるみたい

最新版は公式からダウンロードできます
Frequently Asked Questions | www.MacHangout.com

ちなみにアンインストーラーも配布されてるようですね。

関係ないけどSpotlightのインデックスが
10.9アップデート後17〜18時間経った今でも終わらず
残り19時間と表示されてます

Spotlightインデックス進捗

もう重くってしょうがない、どうしよう

.aiの非表示レイヤー(オブジェクト)がプレビュー上で表示されるのを防ぐ

非表示レイヤーを含む.aiをプレビュー表示させたところ

非表示のレイヤーを含む.aiをmacでプレビュー

赤はillustrator上では非表示になっているレイヤー(オブジェクト)
なぜかプレビューすると表示されて上のように見えてしまう。。。

この、邪魔だけど削除したくないレイヤーを
移動や削除させずにプレビューでも非表示にする方法を見つけましたヾ(゚ω゚)ノ゛

続きを読む

予測変換をoffにして、気まずいトラブルを避ける(google日本語入力とことえりの場合)

さっきtumblrでこんなの見かけた\( ‘jj’ )/

こっちは実際にPCをプロジェクションに繋ぐ事はほぼないんだけれど、
team viewerやらskypeの画面共有やらすることもあるから
他人事では無いな…と思い予測変換をoffに方法を確認してみました。

続きを読む

CotEditorで.htmlファイル中に書いたCSSのコメントにもカラーリングを適用させる

coteditor

ちょっとしたhtmlを書いたり、修正したりする際(たまに)CotEditorを使ったりしてます
やっぱり立ち上がりが早いっていいです。

ただ、html中に書いたcssのコメントがコメント扱いされず見づれーなぁと思う時さあっで
cssのコメント/* cssコメント */もコメント扱いさせられねぇべかと
環境設定を弄っていたらcssのコメントもコメント扱い出来たから方法をシェアするど\( ‘jjj’ )/

通常のhtmlカラーリング

続きを読む

[coda2] emmetのexpand abbreviationをtabキーで実行する

[追記あり / 2013-04-12 16:58]
プラグイン>Emmet>Preferences…から変更できるようになってますね!
[image]emmet設定

これどのバージョンから設定できてたんだろう、全然気づかなかった。

html:4tとかhtml:xtとかをexpand abbreviationしたらbodyタグの無いコードが生成されて、おかしいなぁと設定を見てみたら発見したというわけ
そして肝心のbodyタグがなくなる現象の原因は未だ発見できず。
こうゆうのことわざでなんていうんでしょう。

TEA for Codaもインストールしてるから駄目なのかな?

追記

喜び勇んで投稿しちゃったけど、coda2自前のクリップ挿入機能(tabトリガー?)が効かなくなってしまった。
それはそれで困るので以前の状態へ戻す事にしました(´・ω・)

_(アンダーバー)は、host名に使えない文字

[image]mac用host設定アプリ

Macで超簡単にローカルホストを追加・設定する方法として
RedWinder::MacApp::Hosterを使っていましたが
このhosterてば(うちの環境だけなのかよくわからないけど)ディスクのアクセス権を修復する度に起動しなくなってしまうので、なんとかならないかなぁと思っていると
(壊れるといっても設定は消えていないから再インストールするだけで復帰は出来る)

Hostsという無料のアプリがありました
これはhosterと違って使う時に起動させなくても大丈夫
インストールしたらシステム環境設定からホストを追加します
(launchpadに出てこないから上手くインストール出来ないなーと少し焦った

でもって、いままでバーチャルホストの名前を
_example.localhostみたいに
アンダーバー + サイト名.localhost にしていたんだけど
Hostsだとこれが登録できない。

おかしいなぁと調べてみると、元々アンダーバーはホスト名に使用する事が許されていない文字だったそうです。

ホスト名 – Wikipedia

ドメイン名と違い、ホスト名のラベルはASCII文字の’a’から’z’まで(大文字小文字は無視される)と、’0’から’9’の数字そしてハイフンだけを使うことが出来る。
ラベルの最初と最後の文字にハイフンを使うことは出来ない。
ハイフン(そしてラベルの間に打つドット)以外の特殊文字は時に誤って使われるが許容されない。
また、アンダースコアはWindowsで構築されたシステムで一般に使われるが、RFC 952によれば許容されない。

とりあえず全部修正した