ツール/アプリケーション

_(アンダーバー)は、host名に使えない文字

[image]mac用host設定アプリ

Macで超簡単にローカルホストを追加・設定する方法として
RedWinder::MacApp::Hosterを使っていましたが
このhosterてば(うちの環境だけなのかよくわからないけど)ディスクのアクセス権を修復する度に起動しなくなってしまうので、なんとかならないかなぁと思っていると
(壊れるといっても設定は消えていないから再インストールするだけで復帰は出来る)

Hostsという無料のアプリがありました
これはhosterと違って使う時に起動させなくても大丈夫
インストールしたらシステム環境設定からホストを追加します
(launchpadに出てこないから上手くインストール出来ないなーと少し焦った

でもって、いままでバーチャルホストの名前を
_example.localhostみたいに
アンダーバー + サイト名.localhost にしていたんだけど
Hostsだとこれが登録できない。

おかしいなぁと調べてみると、元々アンダーバーはホスト名に使用する事が許されていない文字だったそうです。

ホスト名 – Wikipedia

ドメイン名と違い、ホスト名のラベルはASCII文字の’a’から’z’まで(大文字小文字は無視される)と、’0’から’9’の数字そしてハイフンだけを使うことが出来る。
ラベルの最初と最後の文字にハイフンを使うことは出来ない。
ハイフン(そしてラベルの間に打つドット)以外の特殊文字は時に誤って使われるが許容されない。
また、アンダースコアはWindowsで構築されたシステムで一般に使われるが、RFC 952によれば許容されない。

とりあえず全部修正した

Mac)トラックパッドでも中クリックしたい!

こないだマウスを持たずにMacBook Proを持ち運んだ時にふと
「そういえばトラックパッドって中クリックどうやるんだろう?」と疑問に思ったんです

ブラウザのタブを閉じる時くらいしか使わない中クリックだけど(しかもタブ閉じるだけならcmd+Wで事足りる)
意識したらなんかなんか強烈に中クリック押したくなってしまったんですよね

で調べたら、トラックパッドをカスタマイズするアプリがありました

続きを読む

Time Capsule以外のNASに使用しているTime Machineが不調になったら

[image]バックアップディスクイメージはすでに使用中です

上記エラーでバックアップができなくなった。

すでに使用中です」だけで検索してもTime Machineのバックアップが出来ない時の対処法が書いてあるページがヒットする
そんなによくある事なんだろうか…

上から何個か見たけど、全部AirMac ユーティリティからどうこうするってやつで
Time Capsuleを使っていないと試せないっぽい。

使用中ってことは、一回解除すればいいのかな?と
Time Machineの環境設定からディスクを選択しなおしても失敗
landiskをマウントしなおしてもバックアップに失敗

気づくとTime Machineの環境設定からNAS内に作った.sparsebundleが選択できなくなっていたから
NASを再起動してみたら、バックアップ出来るようになってた
簡単に直ってよかった、焦った。

[image]TimeMachineEditor

最近入れたTimeMachineEditor(バックアップ間隔を変更できるようにするアプリ)と相性が悪かったんだろうか?

とりあえず次回からは騒がずNASを再起動する事にする。

BPMを調べて、iTunesに一括登録する ’12冬(win・mac両対応)

以前紹介した、MixMeisterがやっぱりなんか微妙だったから
BPMを解析する気が全く起きずしばらく放置してたんですけど
iTunesを見てたら、なんかふと突然BPMを登録したくなり
重い腰をあげてMixMeisterを使おうかな!最新版出てるかな!とダウンロードしにったらアプリ自体が無くなってました( ´・_・`)

でもBPMを解析するなら、Scratch Liveっちゅーのを使えばいいみたいで
試してみたら超カンタンに解析完了、iTunesへの反映もばっちりでした。
今回はmacでやったけど、win版もあるみたいですぜ。
てかこれは定番アプリなんすかね?

[image]Support & Downloads  Serato.com
ダウンロードはこちらScratch Live
2012年11月19日現在Scratch Live 2.4.3が最新でした
無料だけどダウンロードにはメールアドレスの登録が必要かな

以下、手順。

続きを読む

windows8評価版をVirtualBoxにインストール

[image]Windows 8 Enterprise 評価版のダウンロード
Windows 8 Enterprise 評価版のダウンロード

から評価版をダウンロード

VirtualBoxで新規仮想マシンを作成
4.2.4を使ってるけどWindows8が指定できるようになってました

メモリを4GBに増やしたくらいでデフォルト値のまま作成

仮想マシンの作成 / 名前とオペレーティング・システム

仮想マシンの作成 / ハードドライブ

仮想マシンの作成 / メモリーサイズ

仮想マシンの作成 / ハードドライブのファイルタイプ

仮想マシンの作成 / 物理ハードドライブにあるストレージ

仮想マシンの作成 / ファイルの場所とサイズ

起動

ダウンロードした評価版を指定
ダウンロードした評価版を指定

セットアップ開始

下側を選択

準備中

なんかの設定

30~40分くらい?

もう少しとのこと

IE10

凄く見づらいんですけど・・・

クックパッドのパネルの雰囲気が一番好きだなぁ
反対に、一番右の上から3番目の旺文社マルチ辞典って色指定ミスってないとしたら問題あるんじゃないかな?と不安になる。
でも全体的に見づらいですねwindows8。

Time Machineの保存先をNASに移して容量制限をかけました

ここ一年あたりに買った電化製品というものが片っ端から初期不良や、すぐ故障したり、もしくは普通に壊れたりで
あまりに出来過ぎてて笑えるけどほんと笑えない。
もう勘弁してくださいよ。

それはさておきTime Machineの保存先をNASに移して容量制限をかける方法の覚書

Time Machineてば腹ペコだからパーティション全部食いつくすのね

ここらへん(Time CapsuleでTimeMachineの使用容量に制限をかける方法 | papativa.jp)を参考にさせてもらい
OS:10.8.2 / NAS:HDL2-A4.0 で試しためしました。

下準備

LAN DISKの管理画面からTime Machineを有効にしておく
サービス>Time Machine設定
[image]landisk設定

一度Time Machineをオンにして
NASのbackup内(LAN DISKのTime Machine初期フォルダ)にコンピューター名.sparsebundleが作成されたら停止
コンピューター名はシステム環境設定>共有からも確認できる。

作成されたコンピューター名.sparsebundleを選択して
右クリック>パッケージの内容を表示
中に入っている
com.apple.TimeMachine.MachineID.plistをデスクトップ(わかりやすければどこでもいい)にコピーしておく

[image]com.apple.TimeMachine.MachineID.plistを取り出す

1)
ユーティリティ>ディスクユーティリティ
新規ディスク(ファイル>新規>空のファイルイメージ)
名前入力箇所が2つあるけど上の方にコンピューター名
下に名前はマウントした時の表示
サイズはあとで変更するので今は初期値でいい

[image]スペースバンドルディスクの作成

2)
デスクトップに作成されたコンピューター名.sparsebundleを
NASのTime Machineを保存する場所(backup)にコピー(上書きしていい)

3)
デスクトップのコンピューター名.sparsebundleマウントした時に表示される名前を、取り出ししてから削除

4)
NASのコンピューター名.sparsebundleをダブルクリック
ディスクユーティリティ上にコンピューター名.sparsebundleが登場

イメージのサイズを変更して、Time Machineに割り当てたい容量を決める

5)
ディスクユーティリティ上のコンピューター名.sparsebundleを右クリックして、取り出し
右上の「イメージのサイズを変更」をクリック

[image]サイズ決定

どっかでみたけど、本体の1.5倍くらいの容量を確保しとくのがいいらしいですね
うちのmacbook proは750GBなので、1.2TBくらいあるといいみたいだけど1TBを指定しました。
でもって、サイズ変更をクリックして決定

コンピューター名.sparsebundleを右クリックして
ディスクイメージを開く、
パーティションタブから1パーティションを適用
パーティション情報の下にある「名前」がTime Machine実行中にマウントされるドライブの名称になる。
(あとで変更できなかった気がする

[image]1パーティション

6)
デスクトップにコピーしておいたcom.apple.TimeMachine.MachineID.plist
コンピューター名.sparsebundleに戻す
右クリック>パッケージの内容を表示

7)
Time Machineをオンにする
5で決めたTime Machine実行中にマウントされるドライブの名称が自動的にマウントされたら多分上手くいってる