web

Coda2でプラグインを使わずにsassやcompassを使うメモ

[追記 / 2015-10-05]
OSX 10.11 El Capitanにアップデートしたら

なんていつもみたいに風にsassやcompassをインストールしようとすると

みたいなこと言われてインストール出来なくなってた。

どうやらRootlessってやつが働いてるからだそうな

OS X 10.11 El CapitanではOS Xの新たなセキュリティ整合性保護機能(SIP: System Integrity Protection)通称”Rootless”が導入されており、例え管理者権限(root)であっても”/System”, “/bin”, “/usr”, “/sbin”ディレクトリにファイルの作成が出来なくなっていますが、Appleは開発者向けにこのRootlessを操作するコマンド”csrutil”を提供しています

OS X 10.11 El Capitanのシステム保護機能「Rootless」を無効にするcsrutilコマンドの使い方。

とりあえず

と書いてインストール出来た。
[追記 / ここまで]


聞きかじったものをがっちゃんこなので間違えてたりおかしい事してるかも。

sass(scss)だけならプラグイン入れちゃえばすぐ使えるんだけど、まぁ手段が増えるのはいいことです。

Coda2からターミナルをlocalhostで開く

sassを使いたいディレクトリに移動しておく(ちゃんとサイト設定してれば不要

アップデート

Rubygemsをアップデート

sassをアップデート

compassをアップデート

バージョン確認

Rubygemsのバージョン確認

sassのバージョン確認

compassのバージョン確認

sassだけで使う

compassを使う準備

プロジェクトを作成する。
config.rb(compassの設定ファイル)が無ければ最初に作る

とりあえずconfig.rbとsassフォルダだけが作られます。

これが基本

あとはウォッチさせておけばいい

もしくは

参考

CSS書くならCompass使った方がいいよ。SASS使ってる人なら特に。

Compassを使用する準備 | Web制作者のためのSassの教科書 – 公式サポートサイト

Sassコマンドの使い方を覚えよう | Web制作者のためのSassの教科書 – 公式サポートサイト

CSS – 全容をざっくり理解するために、Sass+Compassの覚え書き – Qiita

CSSの常識が変わる!「Compass」の基礎から応用まで! | 株式会社LIG

app storeのダウンロードバッジ(.svg)を貼るのに手こずった話

appstoreのアプリにリンク貼ろうと
appstoreダウンロードバッジ素材

App Store マーケティングガイドライン – Apple Developer
からダウンロードバッジをダウンロードしてみたところ中身は.svgでした。

お恥ずかしながら.svgて使った事なかったのですが、現在は普通にimgタグに指定すれば表示される様子。

確かにローカルではこれで大丈夫でした。
で、目的のサーバーにアップロードしてモバイル端末で確認してみると、svgが正方形の枠だけで中身が表示されていない…

.svgの中身を貼り付けたら表示されるけど、cssでのサイズ指定が無視されるようで使いづらい。

どうやらサーバーの設定が原因みたいで、.htaccessに
[text]
AddType image/svg+xml .svg
AddType image/svg+xml .svgz
[/text]
を追加したら無事表示されました。

めでたしめでたし。

ちなみにgoogleplayのダウンロードアイコンはここから作れます。
Google Play Badge Generator | Android Developers

googleplayダウンロードアイコン

[iOS]inputの内側の影を消したい

border:noneでも影

Q)
上の画像みたいに、borderがあると影が出来る(border:noneだと消える)
任意のborderを指定しつつ影を消したい

A)

を指定する。

 -webkit-appearance:none;

gulp-csscomb(CSSのプロパティを並び替えてくれるプラグイン)の整形フォーマットを自分好みに変更する。

どうもども、今日からgulpを使い始めました。
タスクランナーてのは、より早く作業を進める為にブラインドタッチを覚える、の延長線的な感じですね。
新しい技術ってのは身につくまで作業が停滞してしまうのが痛いです、巻き返せるかしら…。

というわけで、手始めにgulp-csscombの整形フォーマットを自分好みに変更する方法の覚書。

続きを読む

WordPress Importerのインストールが失敗する。

ローカル環境のWordPressに
WordPressテーマユニットテストデータ日本語版を更新したよ! ‹ nuunoのデータをインポートしようとしたら
WordPress Importerがインストール失敗して読み込めないでいました

どうやら管理画面からひっぱってくるヤツにはバグがあるそうな

wordpress環境移行 – WordPress Importer 最新版をつかってるのにエラーが消えない場合 – Qiitaを参考に
http://downloads.wordpress.org/plugin/wordpress-importer.zipを使ってインポート成功しました。

というメモ。

display: table-cell;内にtext-overflow: ellipsis;で「…」付けようとしたらwidthが消えちゃった話。

失敗

display: table-cell;で縦中央させてる要素内のテキストに
text-overflow: ellipsis;で「…」付けようとしたらwidthが消えちゃった。

text-overflow: ellipsis;で「…」付ける為の条件

text-overflow – CSS | MDN

使用html

使用css

こうすると.leftのwidthが消滅するという現象が起きた

IE6で必要って書いてあるwidthを逆に消せばいいのか?と
.right pのwidthを消しても駄目だった。

次にpxで指定してみたら「…」が表示され.leftのwidthも復活した

成功

まとめ

text-overflow: ellipsis;側のwidthはpxで指定する。