どうもども、今日からgulpを使い始めました。
タスクランナーてのは、より早く作業を進める為にブラインドタッチを覚える、の延長線的な感じですね。
新しい技術ってのは身につくまで作業が停滞してしまうのが痛いです、巻き返せるかしら…。

というわけで、手始めにgulp-csscombの整形フォーマットを自分好みに変更する方法の覚書。

Continue reading


ローカル環境のWordPressに
WordPressテーマユニットテストデータ日本語版を更新したよ! ‹ nuunoのデータをインポートしようとしたら
WordPress Importerがインストール失敗して読み込めないでいました

どうやら管理画面からひっぱってくるヤツにはバグがあるそうな

wordpress環境移行 – WordPress Importer 最新版をつかってるのにエラーが消えない場合 – Qiitaを参考に
http://downloads.wordpress.org/plugin/wordpress-importer.zipを使ってインポート成功しました。

というメモ。


失敗

display: table-cell;で縦中央させてる要素内のテキストに
text-overflow: ellipsis;で「…」付けようとしたらwidthが消えちゃった。

text-overflow: ellipsis;で「…」付ける為の条件

text-overflow – CSS | MDN

使用html

使用css

こうすると.leftのwidthが消滅するという現象が起きた

IE6で必要って書いてあるwidthを逆に消せばいいのか?と
.right pのwidthを消しても駄目だった。

次にpxで指定してみたら「…」が表示され.leftのwidthも復活した

成功

まとめ

text-overflow: ellipsis;側のwidthはpxで指定する。


昔つくったサイトでレイアウトが崩れると連絡がありました。

話を聞くと、httpsで見るとレイアウトが崩れるとか。
そんな事あるのかな?と確認するとfloat部分がカラム落ちしてました。

httpだとこうなってる
2015-02-16_r1

httpsだとこうなる
2015-02-16_r2

現象としては、横並びさせてる3要素の最後のmarginをjsで0にしてたんだけど、それが効いてない感じ。
jqeury本体は▼のを使ってた

もしかして、httpだから?
で調べてみるとプロトコル表記は省略出来るとの事で、次のように変更。

参考

全般的なスタイルルール プロトコル 埋め込みリソースからプロトコル表記(http:,https:)を省略する。

httpsだとjQuery/Ajaxは使えないのでしょうか?


Wrap with Abbreviation時に
option[value=$#]*>{$#}を使うと

こんなhtmlがあった時

Wrap with Abbreviation
こう出来る!

素敵っ!

参考

Controlling output position


センタリング

通常、ブロック要素をセンタリングさせるには

1)横幅を指定
2)左右のmarginをauto

するけど
横幅を指定しちゃうから、内容に合わせて横幅が伸縮するような要素をセンタリングさせられません。

けど、widthの代わりにdisplay:tableを使うと
横幅が変動する要素をセンタリングが可能にッ!!!

display:table;はIE8も理解してくれます