xmlでスライドショウ、その後 ( 20100701修正あり )

表示されるかな
追記|20100701
swfobjでswfを出力してるんだけど、それのせいでswfobj以降の文章がすべて表示されなくなってた
とりあえず削除した、いつからだろう?

追記|20090804_04:02
あーれー絶対パスでも相対パスでも表示されないぞ

追記|20090804_04:22
fla内のxmlまでのパスを絶対パスにしたら読み込んだ。
wpが吐き出すhtmlはどの階層にあるんだろうか

というより絶対パスでしかちゃんと動作しないとなると
汎用性が全くなくなるんで意味がない。

[追記 / 20100519]
そういえばソースも何も書いてなかった。
コメントやtrace文そのまま貼りつけてみます。
xmlなどの入ったファイルもアップしておきます、参考になれば。

[as3]//tweener設定
import caurina.transitions.Tweener;

//画像関係のパス、xmlに切り替え時間表示時間を書き込めるようにする?
var pathXml:String = "photo-local.xml";

var url_list:Array = [];
var caption_list:Array = [];
var photoloader:Array = [];
var photo_bt;

//tweener関係ロード
var motion_list:Array = [];
var transSpan:Number = 1;//(切り替え間隔、単位:秒)
var transTime:Number = 1;//(切り替えに要する時間、単位:秒)
var transType:String = "easeOutSine";

//画像関係のカウント
var maxNum:int;//読み込んだ画像数
var bitNum:int;//bitmapに変換した画像数
//var nowPhoto:int;//現在表示されてる画像

const startimg:int = 0;
var nowimg:int = 0;
var nextimg:int = startimg + 1;
trace("●startimg : "+startimg);

var url:URLRequest = new URLRequest(pathXml);
var url_loader:URLLoader = new URLLoader(url);

// xml読み込み完了時に呼び出されるイベント
url_loader.addEventListener(Event.COMPLETE,loadComplete);
function loadComplete(event : Event) {
var xml:XML = new XML(url_loader.data);
//xmlからターゲットのパスを指定する|画像データ関係ロード
for each (var element:Object in xml.photo) {
url_list.push(element.photourl);
caption_list.push(element.photocaption);
//画像の枚数
maxNum++;
trace("maxNum : "+maxNum);
//_txt.text=url_list.toString();
}
//xmlからターゲットのパスを指定する|モーション関係ロード
for each (var elementM:Object in xml.defaultMotion) {
transSpan = elementM.transSpan;
transTime = elementM.transTime;
transType = elementM.transType;
}
loadphoto();
}

//画像読み込み
function loadphoto() {
trace("loadphoto / "+loadphoto);
var maxNum:int = url_list.length;
for(var i:Number=0;i<maxNum;i++){;
photoloader[i]=new Loader();
photoloader[i].load(new URLRequest(url_list[i]));
//読み込んだらbitmapにキャストする
photoloader[i].contentLoaderInfo.addEventListener(Event.COMPLETE,onComplete);
addChildAt(photoloader[i],i);
//読み込んだ画像のプロパティ(動作確認用)
//photoloader[i].x += 10 + i * 25;
//photoloader[i].y+=10;
//photoloader[i].scaleX=photoloader[i].scaleY=0.25;
photoloader[i].alpha = 0;
//画像にボタン処理(動作確認用)
//photoloader[i].addEventListener(MouseEvent.CLICK,onClick_func);
}
}
//画像毎の名前取得テスト用のfunction
function onClick_func(e:MouseEvent) {
trace("e.target.name"+e.target.name);
if (e.target.alpha == 1) {
e.target.alpha = 0.2;
} else {
e.target.alpha = 1;
}
}
//bitmap化してスムージングをtrueにするよ
function onComplete(e:Event):void {
var image:Bitmap = Bitmap(e.target.content);
trace("e.target.content :"+e.target.content);
image.smoothing = true;
bitNum++;//変換済みの枚数
if (bitNum == maxNum) {
trace("//初期セット完了bigin実行");
loopbegin();
//begin();
//初期セット完了
}
}

function setindex(nextName) {
var nummax:Number = numChildren;
var owner = nextName;//e.currentTarget;
trace("-nummax / "+nummax,"|-owner / "+owner);
trace("-getChildIndex(owner) / "+getChildIndex(owner));
setChildIndex(owner,nummax-1);
trace("-getChildIndex(owner) after / "+getChildIndex(owner));
}

//スライドショウ設定
function begin() {
trace("");
trace("■begin()開始今の画像 / "+nowimg,"maxNum / "+maxNum);
if (nowimg < maxNum – 1) {//小さいうちは
trace("■側");
loop2loop();
} else {//同じになったら
trace("●else側");
loop2loop2();
}
}

function loop2loop() {
trace(" 通常ループ");
photoloader[nextimg].alpha = 0;//次の画像を透明にして
setindex(photoloader[nextimg]);//nextimgを最前面に移動
Tweener.addTween(photoloader[nowimg],{delay:transSpan,time:transTime,alpha:1,transition:transType,onComplete: begin});
nowimg++;
nextimg++;
}
function loop2loop2() {
trace(" 最後だけ|loop2loop2()");
nextimg = 0;
photoloader[nextimg].alpha = 0;//次の画像を透明にして
setindex(photoloader[nextimg]);//nextimgを最前面に移動
Tweener.addTween(photoloader[nowimg],{delay:transSpan,time:transTime,alpha:1,transition:transType,onComplete: begin});
nowimg = startimg;
nextimg++;
}

function loopbegin() {
trace("一回だけのつもりloopbegin()");
photoloader[nextimg].alpha = 0;//次の画像を透明にして
setindex(photoloader[nextimg]);//nextimgを最前面に移動
Tweener.addTween(photoloader[nowimg],{delay:0,time:transTime,alpha:1,transition:transType,onComplete: begin});
nowimg++;
nextimg++;
}[/as3]
いやーしかし一年ぶりくらいにみたら、意味が全くわからない。
悲しいなぁ。

うわー、気づいたら今…

うわー、気づいたら今作成してるワードプレスblogの投稿がついったーに投稿されてる、どこでoffにすんだろう

コンディショナルコメント、IE用に指定するアレ

IE大嫌い
けれど、どんなにみんなに叩かれても「そんなに文句いうならお前が作ってみろよ!」と言い出したりしないところは評価してる。
まぁだからってIE大嫌いに変わりはない。

さて、コンディショナルコメントというものがあります。
このブログにも使ってみました。
IEにだけ読み込ませたり、読み込ませなかったり、IEのバージョン毎に読み込むものを変えたりできるアレです。
[20090916修正]
続きを読む

このブログの制作作業

最初に作ったヤツは自分でも見づらいのと、cssチェンジャーでsimpleデザインを選択していても、ページ変移するたびに一瞬デフォルトのcssが呼ばれてるみたいなので、頑張ってデザイン&コーディングしたけどデフォルトから外した。
今は1カラムのがメイン、気に入ってる。

SyntaxHighlighterでソースがはみ出てた
normalデザインの時Firefoxではただはみ出すだけで特に気にならなかったけど
googleブラウザだと横スクロールが発生して、背景がおかしなことになってたので、
スクロールバーが出るように設定を変える。横幅が狭すぎるんだよね。
管理画面のSyntaxHighlighterの設定からチェックボックで変更できる。

pagenaviのデザインを変更、やや丸くした。

重なり順関係

下準備
stageにp0-p4まで適当なmcを作って微妙に重ねて配置

[as3]
var photonum:Array = [];
var photomax = 5;

for (var i:int=0; i&lt;photomax ; i++) {
photonum[i] = &quot;p&quot; + i;
this[photonum[i]].addEventListener(MouseEvent.CLICK,getindex);
}

function getindex(e:MouseEvent) {
var nummax:int = numChildren;
trace(&quot;nummax/&quot;+nummax);
var owner=e.currentTarget;
trace(&quot;owner/&quot;+e.currentTarget);
trace(getChildIndex(owner));
setChildIndex(owner,nummax-1)
}
[/as3]

動的に四角を作ってみる
[as3]
var photonum:Array = [];
var photomax = 5;
var mySprites;

for (var i:Number=0; i&lt;photomax; i++) {
var rectcolor:uint = Math.floor(Math.random() * 0xffffff);
mySprites=new Sprite();
mySprites.graphics.beginFill(rectcolor);
mySprites.graphics.drawRect((40*i)+10,(40*i)+10,100,100);
mySprites.graphics.endFill();
addChild(mySprites);

mySprites.addEventListener(MouseEvent.CLICK,getindex2);
}
function getindex2(e:MouseEvent) {
var nummax:Number = numChildren;
trace(&quot;nummax/&quot;+nummax);
var owner = e.currentTarget;
trace(&quot;owner/&quot;+e.currentTarget);
trace(getChildIndex(owner));
setChildIndex(owner,nummax-1);
}
[/as3]
最初Shapeで四角を作っていたのだけれど、どうもうまくいかない(addEventListenerを設定できない)

as3に慣れてないから、自分の書いたソースのどこが間違ってるの全然わからない><
とりあえずShapeがアヤシイとめぼしをつけて調べてみる

Sprite クラスにも graphics プロパティがあり、これには Shape クラスでは使用できない他の機能があります。 例えば、Sprite オブジェクトは表示オブジェクトコンテナであるのに対し、Shape オブジェクトはそうではありません(子表示オブジェクトも持てません)。したがって、表示するグラフィックスが同じであっても、Sprite オブジェクトは、Shape オブジェクトよりも多くのメモリを消費します。ただし、Sprite オブジェクトではマウスクリックイベントがサポートされますが、Shape オブジェクトではサポートされません。

との事。
なのでshapeをやめてspriteにしたら、マウスに反応した。
簡単な事なのに躓いてばかりだ。

for文の中で何回も同じ
mySprites=new Sprite();
でmySpritesを作成してaddChildしてるけど、これは問題ないのだろうか?
なんで上書きにならないんだろう

続きを読む