完全自殺マニュアル(著:鶴見 済)を読んで思ったこと。

年末に、完全自殺マニュアル(著:鶴見 済)を買って読んだんです。
生きていくのはつらいなという気持ちが高まって。

でも、この本を読むと、死ぬのもツラいなと思わされるわけです。
正確には周りに迷惑を掛けずかつ確実に死ぬのはなかなかに難しいなぁと思わされる内容でして。

コントミンほぼ10g飲んでも助かったケースがあるとか、中毒症状に苦しんだ末死んだとか、10gて25mgx400錠ですよ(計算あってますか?)、いやー途方もない。

自分的には絶対にありえないと思っていた飛び降りがどうやら致死率が高く楽な方の死に方だった事にも驚きました。飛び降りるより注射の方が痛いんですって。
ただ確実に成功するには下がコンクリートで20mほどの高さから(1F3m換算で7〜8階の高さ)空気抵抗の少ない服を着ていないとだめみたい。

28mの高さからダイブしたのに、花壇に落ちちゃって肋骨1本と手首の骨折だけの軽症で助かった例とか、
35mの非常階段からダイブしたのに、コートがパラシュート代わりになったり、植え込みの木にぶつかったりで全治半年の怪我で助かってしまうとか、
助かってしまった人が飛び降りてる最中に考えていた事のインタビューとか載ってたり。

有名な首吊も致死率最高レベルでした。が、それでも助かった例(未遂)とか載ってたり、あぁ今でさえツラいのに失敗したらよりハードだ。と思わされるんですよね。

自分がするならやっぱり凍死だなと思ったんですよねー。
投資?鬱の時に投資は辞めたほうがいいんじゃないの?
なんて誰かのネタみたいな食い違いを先生と交わしたり。

鬱病になってしまいまして、どうしたものかと。

こんばんはお元気ですか?
私は、元気ではないです。

表題の通りです。
全くなにがなにやらです。

とはいえ、最近は字を読めたり、まとまった文章を追えたり、
人が話す言葉もなんとなく理解するようになって来たり、
来たと思ったらできなかったり。

本当に、一体何をしてるんでしょう。

日々の記憶もおぼろげで、、、おぼろげって言葉が記憶って言葉に繋がって出ただけで。
おぼろげどころか、何をしていたのか何を思っていたのか思い出せないのが本当のところだけどもこれが日常になって気づくともう1年近く経ちます。

1年て書いたけどあまり記憶がないので、書いていて意味がわかりません…。

1年…?

心拍数が100以下に下がらない緊張状態は一旦落ち着き、希死念慮もたまに出たりでなかったりで最近は落ち付いてきたかと思ったけどここ数週間は消え去りたくなったり。

相変わらず睡眠は取れず。

脳が機能していないので(機能していない癖に休まらない状態であるとの事で、シャットダウンできないそう)もともと弱い記憶力も注意力もだだ下がりで、これは死なのではないか?と。

カウンセリング料金も馬鹿になりませんが、なんとか生かされております、感謝です。
でも、いつまで生きてられるのか。その前に霧は晴れるのか。

瞑想やマインドフルネス、食べるもの、良質なオイル、サプリメント、モーニングルーティン、Dual n-back、適度な運動、HIIT、日光浴、散歩、セロトニン。

全部それどころじゃない、意味あった?(個人の感想です)