タグ: coda2

Coda2でCodeKitのKit Languageを編集する際に、Emmetを有効にする方法。

今まで使ってこなかったんですが、CodeKitにはKit languageという簡易テンプレート機能があるみたいなんです。
https://incident57.com/codekit/help.html#kit

参考
CodeKitの新機能「Kit Language」(2012年12月19日)
CodeKitの隠れた秀才「Kit Language」で効率化を図る(2013年03月27日)
CodeKitのKit Language(2014年12月11日)
(随分昔からある機能なんだな…

if文は使えないけど変数は使えて
拡張子.kitの中に.kitファイル(.htmlも可)をimport(include)して保存すれば
合体した.htmlファイルを書き出してくれます。

使いこなせたら便利そうなんだけど、
困ったことに拡張子.kitのファイル中ではemmetがうまいこと展開されない( ´・_・`)

例えば

をexpand abbreviationすると

とならずに

となってしまい、このままでは使い物にならない。

.kitでもemmetを有効にする

わりと簡単に対応させられました。

を右クリックして[パッケージの内容を表示]

その中の

を開く

下の方に

を追加

snippets.json

これでおk

ul+を展開して動作確認してみよう。

ついでに.kitに.htmlのカラースキームを適用させる

こちらはcoda2の環境設定から[エディタ>カスタム言語モード]
.kitに.htmlのカラースキーム適用させる

テンプレ使えるようになると、作業ファイルが見やすくなっていいですな。


Coda 2 2.5.13が来た

Coda 2 2.5.13

やったー、サイドバーから検索してもアプリが落ちなくなったヾ(゚ω゚)ノ゛
(OSX 10.11にアップデートしてからサイドバーから検索するとアプリが落ちてた)


Coda2でプラグインを使わずにsassやcompassを使うメモ

[追記 / 2015-10-05]
OSX 10.11 El Capitanにアップデートしたら

なんていつもみたいに風にsassやcompassをインストールしようとすると

みたいなこと言われてインストール出来なくなってた。

どうやらRootlessってやつが働いてるからだそうな

OS X 10.11 El CapitanではOS Xの新たなセキュリティ整合性保護機能(SIP: System Integrity Protection)通称”Rootless”が導入されており、例え管理者権限(root)であっても”/System”, “/bin”, “/usr”, “/sbin”ディレクトリにファイルの作成が出来なくなっていますが、Appleは開発者向けにこのRootlessを操作するコマンド”csrutil”を提供しています

OS X 10.11 El Capitanのシステム保護機能「Rootless」を無効にするcsrutilコマンドの使い方。

とりあえず

と書いてインストール出来た。
[追記 / ここまで]


聞きかじったものをがっちゃんこなので間違えてたりおかしい事してるかも。

sass(scss)だけならプラグイン入れちゃえばすぐ使えるんだけど、まぁ手段が増えるのはいいことです。

Coda2からターミナルをlocalhostで開く

sassを使いたいディレクトリに移動しておく(ちゃんとサイト設定してれば不要

アップデート

Rubygemsをアップデート

sassをアップデート

compassをアップデート

バージョン確認

Rubygemsのバージョン確認

sassのバージョン確認

compassのバージョン確認

sassだけで使う

compassを使う準備

プロジェクトを作成する。
config.rb(compassの設定ファイル)が無ければ最初に作る

とりあえずconfig.rbとsassフォルダだけが作られます。

これが基本

あとはウォッチさせておけばいい

もしくは

参考

CSS書くならCompass使った方がいいよ。SASS使ってる人なら特に。

Compassを使用する準備 | Web制作者のためのSassの教科書 – 公式サポートサイト

Sassコマンドの使い方を覚えよう | Web制作者のためのSassの教科書 – 公式サポートサイト

CSS – 全容をざっくり理解するために、Sass+Compassの覚え書き – Qiita

CSSの常識が変わる!「Compass」の基礎から応用まで! | 株式会社LIG


Coda2.5が来てたよー

yosemiteにアップデートしたら、coda2が起動後すぐに落ちるようなった
アップデートきてるのかな?とapp storeを検索してみたら、app storeからアプリが削除されてた。

まさか更新停止!?と焦ったけど、公式サイトの方にアップデートが来てたので一安心
さっそくインストールしました。

Coda2

Coda – リリースノート

管理画面からPluginの管理が出来るようなったみたい
Plugin管理

でもアップデートをclickしてもPluginはアップデートされない。
なぜだ・・・

現在 困ってる事

自分で設定したショートカットが有効にならない、再設定しても機能しない
emmetがない

この2つが機能しないのはとても困る。

追記

こんなものがあった

Panic Blog » Coda 2.5をご紹介します

Codaのすべてのメニューや設定、画面や機能を紹介するリファレンスガイドブックを準備しました。Codaを使いこなすはじめの1歩としてはもちろん、導入前にCodaについて知っていただくためのブックとしてもお使いいただけると思います

iTunes – ブック – Steven Frank & Nobuhiro Hasegawa「Inside Coda: 日本語版 – Coda オフィシャルガイドブック」


[Coda2]昔adobeが、contribute用の拡張機能として公開していて実はDreamweaverにもインストールする事が出来た機種依存文字変換プラグインに似た変換をするCoda2用プラグイン

Coda2用の機種依存文字ぽいものを変換するプラグイン

ダウンロード▼

機種依存文字変換プラグインダウンロード

どんなもの?

選択したテキスト内の機種依存文字ぽいものを変換します。

昔、adobeがContribute用に公開していた文字パネルという拡張機能の機種依存文字の変換のような変換をします。

文字バネル

実は、上のプラグインはDreamweaverにもインストール出来て、
これがあれば、全角数字や半角の混在や、数字1文字の(株)みたいなのをガンガン織り交ぜた.docを資料として渡されても問題なしでした。

が、いつしか公開は停止されダウンロードページも消滅していました、残念。

インストール方法

次のファイルを解凍して出来たconvert_ng.codaplugin
Library/Application Support/Coda 2/Plug-ins/に入れる

Coda2が起動していたら再起動する

ツールバーのプラグインの中に機種依存文字変換が出てきたらインストール成功かな?
(v2.0.14のutf-8でのみ動作確認済み

使い方

選択範囲内の機種依存文字ぽいものを変換します
1)選択範囲を作って
2)ツールバー>機種依存文字変換(cmd+shift+x

全体を変換する場合は
cmd+acmd+shift+x
でいけるはず。