compass

CodeKitを使ってみた

CodeKitなら、Autoprefixerを簡単に使えるようなので試してみることにした。

codekit

Autoprefixerは、Can I use…の結果を元にベンダープレフィックスを補ってくれる機能
display:flexみたいな仕様がころころ変わってきたプロパティを使う時など、とても便利。

例えば次の記述は

div{
display:flex;
}

こんな風に変換される。

div {
  display: -webkit-box;
  display: -webkit-flex;
  display: -ms-flexbox;
  display: flex;
 }
  

今まではgulpを使ってしていたんだけど
それだと、compass準備して、gulpインストールして、package.jsonを用意するか使いまわして、モジュールをインストールして、gulpfile.js書いて、、、とさっと始めるには労力がかかっていたけど
CodeKit2には基本機能としてAutoprefixerが組み込まれてるから、起動したらほぼいきなり書き始められるもんで超絶楽な予感。

ただcompassの追加プラグインなんてのはCodeKitからは追加できたりしないのかしら?
そうなると結局config.rbは自分で編集してターミナルも使う事になりそうだ。

Coda2でプラグインを使わずにsassやcompassを使うメモ

[追記 / 2015-10-05]
OSX 10.11 El Capitanにアップデートしたら

sudo gem install sass
sudo gem install compass

なんていつもみたいに風にsassやcompassをインストールしようとすると

Ignoring psych-2.0.8 because its extensions are not built.  Try: gem pristine psych --version 2.0.8
Ignoring json-1.8.1 because its extensions are not built.  Try: gem pristine json --version 1.8.1
ERROR:  While executing gem ... (Errno::EPERM)
    Operation not permitted - /usr/bin/sass

みたいなこと言われてインストール出来なくなってた。

どうやらRootlessってやつが働いてるからだそうな

OS X 10.11 El CapitanではOS Xの新たなセキュリティ整合性保護機能(SIP: System Integrity Protection)通称”Rootless”が導入されており、例え管理者権限(root)であっても”/System”, “/bin”, “/usr”, “/sbin”ディレクトリにファイルの作成が出来なくなっていますが、Appleは開発者向けにこのRootlessを操作するコマンド”csrutil”を提供しています

OS X 10.11 El Capitanのシステム保護機能「Rootless」を無効にするcsrutilコマンドの使い方。

とりあえず

sudo gem install -n /usr/local/bin sass
sudo gem install -n /usr/local/bin compass

と書いてインストール出来た。
[追記 / ここまで]


聞きかじったものをがっちゃんこなので間違えてたりおかしい事してるかも。

sass(scss)だけならプラグイン入れちゃえばすぐ使えるんだけど、まぁ手段が増えるのはいいことです。

Coda2からターミナルをlocalhostで開く

sassを使いたいディレクトリに移動しておく(ちゃんとサイト設定してれば不要

cd "scssとcssフォルダを作成した場所をドラッグ&ドロップ"

アップデート

Rubygemsをアップデート

sudo gem update --system

sassをアップデート

sudo gem update sass

compassをアップデート

sudo gem update compass

バージョン確認

Rubygemsのバージョン確認

gem -v

sassのバージョン確認

sass -v

compassのバージョン確認

compass -v

sassだけで使う

sass --watch input元のパス:output先のパス

compassを使う準備

プロジェクトを作成する。
config.rb(compassの設定ファイル)が無ければ最初に作る

compass create --bare

とりあえずconfig.rbとsassフォルダだけが作られます。

これが基本

compass create

あとはウォッチさせておけばいい

compass w

もしくは

compass watch

参考

CSS書くならCompass使った方がいいよ。SASS使ってる人なら特に。

Compassを使用する準備 | Web制作者のためのSassの教科書 – 公式サポートサイト

Sassコマンドの使い方を覚えよう | Web制作者のためのSassの教科書 – 公式サポートサイト

CSS – 全容をざっくり理解するために、Sass+Compassの覚え書き – Qiita

CSSの常識が変わる!「Compass」の基礎から応用まで! | 株式会社LIG