よくわかっていないで書き込んでます。今更でしたらごめんあそばせ。

どうも非同期トラッキングコードが正式版になったみたい。
Analytics 日本版 公式ブログ: 成長し続ける Google Analytics のエコシステム

非同期トラッキングコード
昨年 12 月に公開した非同期トラッキングコードが、標準のトラッキングコードとしてご利用いただけるようになりました。新たにプロファイルを作成した際、標準のトラッキングコードとして、トラッキングコード設定ウィザードに表示されます。

違いは何?何かいいことあるの?

いままで</body>の直前だったトラッキングコードの挿入場所が</head>の直前に変更されたみたい。
それによってより正確に計測できる、と。

Analytics 日本版 公式ブログ: Google Analytics のトラッキングコードが新しくなりました

新しい非同期トラッキングコードは、ga.js トラッキングコードで計測可能なデータセットと同様のものを得ることができます。

両者の唯一の違いは、計測対象ページへの挿入場所です。従来のga.js トラッキングコードの場合、body セクションの最後に挿入することをご推奨しておりました。一方、新しい非同期トラッキングコードは、他のJavaScript コードの読み込みが完了しなくても正常にロードできるため、HTMLファイル内の head セクション内に記述することが可能です。

ページ末尾に入れる ga.js の場合、ページの読み込みに時間がかかると、り離脱したセッションを正確に計測できないという不都合がありましたが、新しいトラッキングコードではそのような懸念がなくより正確なデータを計測できるため、ぜひ多くのユーザーの皆さまにご利用頂ければと思います。

「り離脱したセッション」は原文ママです。

続きを読む