タグ: jsx

Photoshopのバージョン2015から2014に戻す

Photoshop CC(2015)にアップデートしたら、
ファイル>スクリプトの中身がすっからかんになっていた
2014までのjsxと2015からのjsxは書き方が違うんだろうか?

クイック書き出しが出来なくなるのは残念だなぁと思ったけど2014に戻す事にしました。

以下、バージョンを戻す時に、おや?と思った部分のメモ

製品の一覧の中にある以前のバージョンを表示から表示されるPhotoshopのインストールをクリックすると
過去のバージョンも選択出来ます。

以前のバージョンを表示


いい感じにモコモコした吹き出しを超簡単に作れるイラレ用のjsxが素敵

[image]吹き出しメーカー

◯を組み合わせてパスの合体で作ってもいいのだけれど
これで良い感じ超簡単に作れる(た)
イラストレーターで吹き出しを作る時に使うスクリプト – なにする?DTP+WEB

使い方と簡単な注意点

普通のjsxと同じで
ファイル>スクリプト>その他のスクリプト…(command+F12
から使うか

アプリケーション>illustrator CSxx>プリセット>ja_JP>スクリプト
フォルダにぶっこめばいいと思います

閉じるボタンがないけど
escキーで閉じれます

以上


ただの画像をブラシとして一括登録する.jsx

ずっと前に作った大量のテクスチャー画像を、超簡単にパターン登録する.jsxの仲間で
画像をブラシとして登録するバージョンです。

ダウンロード

addBrush.jsx

.jsxの保存場所

windows
C:¥Program Files¥Adobe¥Adobe Photoshop CS5¥Presets¥Scripts

mac
Macintosh HD/アプリケーション/Adobe Photoshop CS5/Presets/Scripts/

バージョンによって違うみたいだけど、だいたいこんな感じの場所


photoshopでfireworksのカンバスを合わせる、的な事をする.jsx

[image]カンバスをフィット

fireworksの「カンバスを合わせる」って便利ですよね
photoshopでも使いたい!と思い調べてみたところ
イメージ – トリミング
イメージ – すべての領域を表示を組み合わせて
同じような事が出来るみたいだったので
.jsxに出来ないかなぁと試してみました。

不具合や必要ない記述があるかと思いますが、自分が使う範囲では困らない感じになったのでとりあえず公開してみます。

続きを読む


PhotoshopCS2以降でオブジェクトを等間隔に分布させる.jsxがあったよ。

illustratorやFireworksにある等間隔に分布ってものそい便利じゃないですか。
でも残念な事にphotoshopは出来ないんですよね、残念な事に。

そこでjsxで出来ないかな?と調べて書いてみようと頑張ったんですけど、
複数選択したレイヤーの情報を取得する事すら出来ずに挫折しました(割と手前の壁)。

しかし、海の向こうではすでに等間隔に分布させるjsxを作って配布されてる方がいらっしゃいました、すごいなー。

ダウンロード:Adobe Photoshop Scripts | Trevor Morris Photographics
垂直方向用のjsxしか試してないけど、水平方向用や他にも沢山jsxがありまんた。

分布結果の違いを比べてみた画像

整列前の適当な配置、青い背景はサイズが分かりやすいようにとつけちゃった。
[image]元の配置

photoshopの左端を分布 / 重なるよねぇ
[image]左端を分布で整列させた結果

photoshopの水平方向中央を分布 / 最初何が起きたのか理解できなかった。
[image]水平方向中央を分布で整列させた結果

photoshopの右端を分布 / 重なるよねぇ
[image]右端を分布で整列させた結果

Adobe Photoshop Scripts | Trevor Morris Photographics
Photoshop > Scripts > Distribute Layers Horizontallyを使用
[image]Distribute Layers Horizontally 0-1-4.jsxを使った結果
SUGEEEEEEEEEEEE!!!!!1
愛してる!!!!!!!!!


.psd内のテキストレイヤーからテキストを抽出して.txtファイルに書き出してくれる.jsx

Bram.us(ファイルのあるサイト)

Bram.us » PS_BRAMUS.TextExport 1.3 – Automatically export all Text layers from Photoshop PSD to a Text file (PSD2TXT)

(レイヤー階層で)下にあるテキストレイヤーから順番にテキストを抽出してテキストファイルに書き出してくれる.jsx

フォルダ階層が深いと処理にものすごく時間がかかって不安になる。
逆にフォルダ階層が浅いとテキストレイヤーの数が多くても結構速く終わる感じがしました
(The quick brown fox jumps over the lazy dog.と書いてあるテキストレイヤーを60程複製したpsdを処理させたらだいたい10~20秒くらいで完了しました)。

複数psdを開いている場合

TextExport has detected Multiple Files.
Do you wish to run TextExport on all opened files?

と聞かれるので、開いているファイル全て処理したいなら「はい」にして
選択してるファイルだけ処理したいなら「いいえ」を選ぶ。

随分昔からあるscriptみたいだけど知らなかったなぁ、あると便利でした。
という事でメモ。


選択範囲にあわせてガイドを引く.jsx

(なんだかガイドを引くjsxばっかり作ってる気がするけど)
選択範囲に沿ってガイドを引けた方が、前に作ったカンバス枠にガイド引くだけの機能よりシンプルさはあまり変わらず使い道が広がって便利だよなぁとほんのり思ったので改造した。
Ctrl + Aすればカンバス枠の選択範囲が出来るわけだし。

使い方

[ファイル] – [スクリプト] – [参照] から下からダウンロードしたjsxを選択する。
(xpの場合) C:\Program Files\Adobe\Adobe Photoshop CS3\プリセット\スクリプト の中に.jsxを入れておけば[ファイル] – [スクリプト] から使用できる。

ExtendScript Toolkitからも使える。

ダウンロード

addGuide.jsx|選択範囲にあわせてガイドを引く.jsx

挙動 / どんなガイドが引かれるか

こんな感じの選択範囲だと
[image]四角形の選択範囲

こうなる
[image]ガイドが引かれた

四角じゃない選択範囲だと
[image]円形の選択範囲

続きを読む