ssi

MAMPでバーチャルホストの設定をして、SSIを有効にする。

自分用メモ
ほとんどXAMPPと同じぽい。

使うアプリ(2個+1)

MAMP / apacheとMySQLにPHPを簡単インストール

MAMP: Mac, Apache, MySQL, PHP

hoster / hostsの設定が楽チンになるアプリ

RedWinder::MacApp::Hoster

エディター / CotEditor使った

CotEditor プロジェクト日本語トップページ – SourceForge.JP

手順(うろ覚えだけど)

1)MAMPの変更

MAMP PROは使わないからアンインストールした
アプリケーション フォルダのMAMP PROの中にあるUninstaller.appで
全部チェックした。

MAMPのポートを:8888から:80に変更した
[image]環境設定 - ポート

2)httpd.confの書き換え

httpd.confをCotEditorで開けるように、cmd+iから変更
[image]httpd.confを開くアプリを変更

httpd.confの場所は
[text]/Applications/MAMP/conf/apache/httpd.conf[/text]

次の行を検索して
[text]#AddType text/html .shtml
#AddOutputFilter INCLUDES .shtml[/text]

#(コメントアウト)を削除して .htmlを追加
[text]AddType text/html .shtml .html
AddOutputFilter INCLUDES .shtml .html[/text]

次に、
[text]Options Indexes FollowSymLinks[/text]で検索して

[text]<Directory />
Options Indexes FollowSymLinks
AllowOverride None
</Directory>[/text]
に”ExecCGI Includes”(CGIとSSIの使用を許可)を追加

こんな感じになる。
[text]<Directory />
Options Indexes FollowSymLinks ExecCGI Includes
AllowOverride None
</Directory>[/text]

もいっちょ、バーチャルホストを使うので
[text]Virtual hosts[/text]で検索して
コメントアウトを削除
[text]# Virtual hosts
#Include /Applications/MAMP/conf/apache/extra/httpd-vhosts.conf[/text]

[text]# Virtual hosts
Include /Applications/MAMP/conf/apache/extra/httpd-vhosts.conf[/text]

3)httpd-vhosts.confの編集

[text]/Applications/MAMP/conf/apache/extra/httpd-vhosts.conf[/text]

winのxamppだとNameVirtualHost *:80がコメントアウトされてたけど
MAMPはされてなかった。

一番下に追加
DocumentRootにフォルダの場所
ServerNameに任意のアドレス
[text]<VirtualHost *:80>
DocumentRoot "/Users/[ユーザー名]/_webroot/example"
ServerName _example.localhost
<Directory "/Users/[ユーザー名]/_webroot/example">
order deny,allow
allow from all
</Directory>
</VirtualHost>[/text]

4)hosterを起動

ホスト名に「_example.localhost
IPに「127.0.0.1」を追加

こんなの追加されたらおk
[text]127.0.0.1 _example.localhost[/text]

以上MAMPを再起動して動作チェック

バーチャルホストを増やす時は
3)と4)をそれぞれ編集。

以上で漏れはないかな?

[追記 / 20120918]
その他参考
MAMPを使ってローカルで複数サイトのバーチャルホストを設定&イントラ環境や仮想環境からもそのサイトを確認する設定方法 | THE HAM MEDIA BLOG
MAMPのPHPでの文字化けを直す | memocarilog

windows7 64bitにxamppを再インストール

mysqlのrootパスワード忘れて再インストールした際のやったことメモ。
なんか足りてない気がする。

ダウンロード

旧バージョン(1.7.2)をインストールしたかったので
こっちから拾ってきた
XAMPP – Browse /XAMPP Windows at SourceForge.net

最新版はこっちにも。apache friends – xampp for windows

インストール

全部デフォルトでポチポチしてって完了。
(※インストール先をc:にすると勝手にxamppフォルダが出来て、c:\xamppにインストールされた。

設定

localhostにアクセスして
左側のメニューの
セキュリティ – セキュリティから

そのような問題をすべて修正するには、単純に次のツールを使ってください。
=> http://localhost/security/xamppsecurity.php <= をクリックして パスワードを設定。 パスワード指定時にチェックをいれとかないと mysqlrootpasswd.txt や xamppdirpasswd.txt が生成されないみたい。 [image]セキュリティ

.htaccessをC:\xampp\htdocs か C:\xampp\htdocs\xamppあたりに置くらしいけど

みたいなの。
大文字と小文字に違いはあるのかな?

localhostが開かなくなった、なんか間違ってたんだろうか。

あとSSIとバーチャルホスト(バーチャルドメイン?)の設定した。
xamppでinclude(SSI)を使えるようにする
ルートパスとDreamweaverとバーチャルホスト(バーチャルドメイン?)

httpd-vhosts.conf
19行目あたりの
#NameVirtualHost *:80のコメントアウトを解除して
すぐ下に

を追加した。

(※なぜかlocalhostじゃないやつがlocalhostで開いてしまったので

php.ini

C:\xampp\php\php.ini
を開いて、mbstringで検索

1771行あたりから始まるmbstringの
;mbstring.language = Japanese
みたいなやつの先頭の「;(セミコロン)」を削除した