WPプラグイン

Google Analytics 非同期トラッキングコードが、標準のトラッキングコードとしてご利用いただけるようになりました。とのこと。

よくわかっていないで書き込んでます。今更でしたらごめんあそばせ。

どうも非同期トラッキングコードが正式版になったみたい。
Analytics 日本版 公式ブログ: 成長し続ける Google Analytics のエコシステム

非同期トラッキングコード
昨年 12 月に公開した非同期トラッキングコードが、標準のトラッキングコードとしてご利用いただけるようになりました。新たにプロファイルを作成した際、標準のトラッキングコードとして、トラッキングコード設定ウィザードに表示されます。

違いは何?何かいいことあるの?

いままで</body>の直前だったトラッキングコードの挿入場所が</head>の直前に変更されたみたい。
それによってより正確に計測できる、と。

Analytics 日本版 公式ブログ: Google Analytics のトラッキングコードが新しくなりました

新しい非同期トラッキングコードは、ga.js トラッキングコードで計測可能なデータセットと同様のものを得ることができます。

両者の唯一の違いは、計測対象ページへの挿入場所です。従来のga.js トラッキングコードの場合、body セクションの最後に挿入することをご推奨しておりました。一方、新しい非同期トラッキングコードは、他のJavaScript コードの読み込みが完了しなくても正常にロードできるため、HTMLファイル内の head セクション内に記述することが可能です。

ページ末尾に入れる ga.js の場合、ページの読み込みに時間がかかると、り離脱したセッションを正確に計測できないという不都合がありましたが、新しいトラッキングコードではそのような懸念がなくより正確なデータを計測できるため、ぜひ多くのユーザーの皆さまにご利用頂ければと思います。

「り離脱したセッション」は原文ママです。

続きを読む

更新したページと投稿を表示するウィジェット

WordPressに最初からついてる「最近の投稿」ウィジェットは、文字通り最近の投稿しか拾ってくれない。

乱雑モックアップは、勉強したり試したりしながらその過程やメモを書いてたりするので、投稿に「続編」がしばしば発生する。
続編の扱いをどうしたらいいのかなーというのはずっと考えていて、いまだ結論がでない。

今のところ続きがある場合は、別エントリーとしてポストしてきた。
古い記事を更新しても「最近の投稿」に表示されないから。

といった流れの中、WordPressで再更新(アップデート)した過去記事も最新記事に含ませるカスタマイズ法 – かちびと.netを読んだ。
そしてウィジェットを探してみたら見つけたのが更新した投稿とページのウィジェット→Recently Updated Pages — 病的溺愛シンドローム

これはディ・モールト、ディ・モールト。
さっそくWordPress › Recently Updated Pages « WordPress PluginsWordPress › Recently Updated Posts « WordPress Pluginsをダウンロードしてみた。

(ページの更新情報を上げる必要もないから)先にRecently Updated Postsの方を有効にしてみると、んーこれはまだ微妙かも、日付の扱いが。

次にRecently Updated Pagesを有効にしてみる、設定はこんな感じ。
[image]ウィジェットの設定項目

投稿日が表示されるのではなく、最終更新日が表示されるようだから日付は非表示でもいいかなぁ。
[image]表示結果
問題は誤字脱字を見つけて内容以外を修正した投稿も上がってしまう事かな、と。
age/sage機能があればいいのに。

[追記 / 20100610]
Include blog Posts in the list:(投稿もリストアップする)にチェックを入れると、htmlが酷い事になってた。
ナニが原因なのかわからないけどリンクを < /a> で閉じたり、ちゃんと閉じてるとこもあるのに、なんでだろ?
チェックを外せばおかしなhtmlを吐き出さないけど、ページしか拾ってくれないし意味がない。
弱った。

続きを分ける事の良い部分

注)うちの所感です。

  • 1つのエントリーが長くならない(分割してても無駄に長くなってるけど)
  • どこが更新した部分か判りやすい
  • 更新分が最新の投稿になる

関係ない所まで読み込む必要がない。

反対に悪いところは

  • 前後のエントリーを参照しないと判らない事がある
  • 検索でやってきて、古い方の投稿を最初に見た人は何回かリンクをクリックしなきゃならない

関係する部分が点在しちゃうと面倒。

Recently Updated Pagesがあれば
(要点をちゃんとまとめられていたらば)追加の情報は別エントリーに分けずとも同じエントリー内に足していった方が良いのではなかろうか?と思うんだけど
あーでもこれやっぱりモノによるんだろうなぁ。ん~。

syntaxhighlighter

syntaxhighlighter
http://wordpress.org/extend/plugins/syntaxhighlighter/
[sourcecode language=”html”]
<html>
<head></head>
<body></body>
</html>
[/sourcecode]

SyntaxHighlighter Settings

Display line numbers.
行番号を表示してください。

Display the toolbar.
ツールバーを表示してください。

Automatically make URLs clickable.
自動的にURLをクリック可能にしてください。

Collapse code boxes.
コード箱を潰してください。

Show a ruler column along the top of the code box.
コード箱の上部に沿って定規コラムを示してください。

Use the light display mode, best for single lines of code.
コードの単線に軽い表示モード、ベストを使用してください。

Use smart tabs allowing tabs being used for alignment.
整列に使用されるタブを許容する賢いタブを使用してください。

Wrap long lines, using an icon to show where line.
長い系列を包装してください、そして、どこかを示しているのにアイコンを使用して、立ち並んでください。

wraps occur (disabling this will make a scrollbar show instead)
機密は起こります(これを無効にするのはスクロールバーを代わりに目立たせるでしょう)。

Additional CSS Class(es) / 追加CSS Class
に適当なclass名をつっこんだんだけど
pre class=”brush: xml;みたいな箇所に追加されてない、どうやって使うんだろう。

仕方ないので大本のcssを編集する
wp-content\plugins\syntaxhighlighter\syntaxhighlighter\styles内に
Color Theme毎のcssが入ってた。

  • shCore.css
  • shThemeDefault.css

のバックアップをとって編集する。
続きを読む