if文、書き方にバリエーションがあるようだ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

うちはWordPressもphpも全然初心者であります。
なので思いっきり格好つけて(ソースを書いて)も、周りからみたらきっと恥ずかしい事になってるに違いない。あぁ恥ずかしい。
でもどうせ後で恥をかくなら今恥ずかしい方が良いに決まってる、はしかも若いうちにかかった方がいいって言うし(同じ恥をかく回数がはしかの様に1回ならばの話だけども)。

よし今日も恥をかくことを恐れずに書いていくぞ。と
RADWIMPSの「誤解を恐れず言わせてもらいます」ってそれはもうすでに恐れてます的な前置きでスタートでありんす。

if文

WordPressのsidebar.phpにdynamic_sidebarの記述があるのだけれど、うちの知っているif文とはちょっと違う書き方のif文になってる。
[php]<?php if ( !function_exists(‘dynamic_sidebar’) || !dynamic_sidebar(1) ) : ?>
#ダイナミックサイドバーがあるのでここは出力されない
<?php endif; ?>
#こっちが出力される
[php]
<?php if ( function_exists(‘dynamic_sidebar’) && dynamic_sidebar(1) ) : else : ?>
#ダイナミックサイドバーがあるのでここは出力されない
<?php endif; ?>
#こっちが出力される
[/php]
endif;が必要。

うちの知ってるif文
[php]
<?php
if ( $job ){
print (‘(ヽ´ω`)’);
} else {
print (‘(;´Д`)ウウッ…’);
}
?>
[/php]

これと同じような意味なのかな
[php]<?php $job=null; if($job){ ?>
(ヽ´ω`) //仕事がないので出力されない
<?php }else{ ?>
(;´Д`)ウウッ… //こっちが出力される
<?php } ?>[/php]
「:」があるうから三項演算子に似てるなーと思ったけどifが最初にないもんねあれは。

endifで検索したらなんか出てきた

if..endif の文法:PHPマニュアル

elseif/else if

PHP: elseif/else if – Manual
[php]
<?php
//これが
if ($a > $b) {
echo "a is bigger than b";
} elseif ($a == $b) {
echo "a is equal to b";
} else {
echo "a is smaller than b";
}
?>

//こうなる?
if($a > $b):
echo $a." is greater than ".$b;
elseif($a == $b): // Note the combination of the words.
echo $a." equals ".$b;
else:
echo $a." is neither greater than or equal to ".$b;
endif;
?>
[/php]

あー、なんとなくわかってきた
if中に<?php ?>を抜けた時、<?php }else{ ?>だと判りづらいから?

いやしかし:else:ってなんだよ

dynamic_sidebar()

ダイナミックサイドバーを出したい時、今はこう書いてたけど
[php]&lt;?php if ( !function_exists(‘dynamic_sidebar’) || !dynamic_sidebar(1) ) : ?&gt;
&lt;?php endif; ?&gt;
[/php]
こっちでも出る。大丈夫なのかなこれ。
[php]&lt;?php dynamic_sidebar(1) ?&gt;[/php]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


You can add images to your comment by clicking here.