photoshopのスポイトやスウォッチの登録が、急に背景色になってしまった時の対処法

現象

どうゆう現象か

スポイトで色を拾おうとしたり、スウォッチに登録しようとすると
描画色ではなく、背景色が適用されちゃう。

ツールバーのところでは描画色と背景色の入れ替えしかないもんなーって思ってたら
カラーパレットの方でどっちを有効にするか指定できました。

カラーパレット

アクティブな方にうっすら白い枠がッ
描画色と背景色

描画色の方をクリックしてあげたら元の挙動に戻りました。

photoshop CC(2014) / 登録してあるパターンのサイズを調べる

気付いたら前回投稿した方法でパターンのサイズを確認できなくなってた。

photoshop / 登録してあるパターンのサイズを調べる | 乱雑モックアップ

なんてこと!?超不便。

プリセットマネージャーから確認も出来るんだけど、そこにたどり着くまでが手間だ。

それよりかはマシってレベルのサイズを確認する方法として
[パターンコピースタンプツール]にして、上部ツールバー?みたいなところにマウスを乗っけるてのがありました。

サイズ

パターンスタンプツール

でもレイヤースタイルの画面からサクッと確認したいんすよう
2015では改善されてんのかな?

Coda 2 2.5.13が来た

Coda 2 2.5.13

やったー、サイドバーから検索してもアプリが落ちなくなったヾ(゚ω゚)ノ゛
(OSX 10.11にアップデートしてからサイドバーから検索するとアプリが落ちてた)

OSXでパスワード付き.zipを作りたい

ターミナル使うと簡単。

  • 普通のzip作っておいて
  • ターミナル開いて「zipcloak(半角スペース)zipファイルをドラッグ」
  • パスワード2回入力

Coda2でプラグインを使わずにsassやcompassを使うメモ

[追記 / 2015-10-05]
OSX 10.11 El Capitanにアップデートしたら

sudo gem install sass
sudo gem install compass

なんていつもみたいに風にsassやcompassをインストールしようとすると

Ignoring psych-2.0.8 because its extensions are not built.  Try: gem pristine psych --version 2.0.8
Ignoring json-1.8.1 because its extensions are not built.  Try: gem pristine json --version 1.8.1
ERROR:  While executing gem ... (Errno::EPERM)
    Operation not permitted - /usr/bin/sass

みたいなこと言われてインストール出来なくなってた。

どうやらRootlessってやつが働いてるからだそうな

OS X 10.11 El CapitanではOS Xの新たなセキュリティ整合性保護機能(SIP: System Integrity Protection)通称”Rootless”が導入されており、例え管理者権限(root)であっても”/System”, “/bin”, “/usr”, “/sbin”ディレクトリにファイルの作成が出来なくなっていますが、Appleは開発者向けにこのRootlessを操作するコマンド”csrutil”を提供しています

OS X 10.11 El Capitanのシステム保護機能「Rootless」を無効にするcsrutilコマンドの使い方。

とりあえず

sudo gem install -n /usr/local/bin sass
sudo gem install -n /usr/local/bin compass

と書いてインストール出来た。
[追記 / ここまで]


聞きかじったものをがっちゃんこなので間違えてたりおかしい事してるかも。

sass(scss)だけならプラグイン入れちゃえばすぐ使えるんだけど、まぁ手段が増えるのはいいことです。

Coda2からターミナルをlocalhostで開く

sassを使いたいディレクトリに移動しておく(ちゃんとサイト設定してれば不要

cd "scssとcssフォルダを作成した場所をドラッグ&ドロップ"

アップデート

Rubygemsをアップデート

sudo gem update --system

sassをアップデート

sudo gem update sass

compassをアップデート

sudo gem update compass

バージョン確認

Rubygemsのバージョン確認

gem -v

sassのバージョン確認

sass -v

compassのバージョン確認

compass -v

sassだけで使う

sass --watch input元のパス:output先のパス

compassを使う準備

プロジェクトを作成する。
config.rb(compassの設定ファイル)が無ければ最初に作る

compass create --bare

とりあえずconfig.rbとsassフォルダだけが作られます。

これが基本

compass create

あとはウォッチさせておけばいい

compass w

もしくは

compass watch

参考

CSS書くならCompass使った方がいいよ。SASS使ってる人なら特に。

Compassを使用する準備 | Web制作者のためのSassの教科書 – 公式サポートサイト

Sassコマンドの使い方を覚えよう | Web制作者のためのSassの教科書 – 公式サポートサイト

CSS – 全容をざっくり理解するために、Sass+Compassの覚え書き – Qiita

CSSの常識が変わる!「Compass」の基礎から応用まで! | 株式会社LIG

phpのheader()を使った際に、Warning: Cannot modify header information – headers already sent by 〜で出ちゃって困った事。

こんな風に、postにデータが入って無い時は弾こうとしたとき
[php]
<?php
$str = $_POST["hantei"];
if($str == ""){
header(‘location: login.php’);
exit();
}
?>
[/php]

ローカルでCannot modify header informationになりました。

これはheader()より先に何かが出力されている事が原因のエラーみたいなんだけど、
変数への代入は関係ないみたいだし、謎な改行も空白行無いし、BOMも付いてないしで
改行消してみたり、ファイルの保存方法を見なおしたりでは上記ソースのエラーを消せませんでした。

で、実際にエラーを消せた方法

1)php.iniのoutput_bufferingをonにする。

MAMPのphp.iniは
[text]
/Applications/MAMP/bin/php/php[バージョン]/conf/php.ini[/text]
にあります。

見てみると
output_buffering = Off になっていたので
output_buffering = On に変更しました。

その後、MAMPを再起動して確認するとlocationで指定したページへ飛んでくれました。やった!

2)ob_start();を使う。

output_buffering = Offのままob_start();を挿入してもいけました。やった!

[php]
<?php
ob_start();
$str = $_POST["hantei"];
if($str == ""){
header(‘location: login.php’);
exit();
}
?>
[/php]

PHP: ob_start – Manual

使い方あってるのかな。

app storeのダウンロードバッジ(.svg)を貼るのに手こずった話

appstoreのアプリにリンク貼ろうと
appstoreダウンロードバッジ素材

App Store マーケティングガイドライン – Apple Developer
からダウンロードバッジをダウンロードしてみたところ中身は.svgでした。

お恥ずかしながら.svgて使った事なかったのですが、現在は普通にimgタグに指定すれば表示される様子。

[html]
<img src="Download_on_the_App_Store_JP_135x40.svg" alt="ダウンロード">
[/html]

確かにローカルではこれで大丈夫でした。
で、目的のサーバーにアップロードしてモバイル端末で確認してみると、svgが正方形の枠だけで中身が表示されていない…

.svgの中身を貼り付けたら表示されるけど、cssでのサイズ指定が無視されるようで使いづらい。

どうやらサーバーの設定が原因みたいで、.htaccessに
[text]
AddType image/svg+xml .svg
AddType image/svg+xml .svgz
[/text]
を追加したら無事表示されました。

めでたしめでたし。

ちなみにgoogleplayのダウンロードアイコンはここから作れます。
Google Play Badge Generator | Android Developers

googleplayダウンロードアイコン

[iOS]inputの内側の影を消したい

border:noneでも影

Q)
上の画像みたいに、borderがあると影が出来る(border:noneだと消える)
任意のborderを指定しつつ影を消したい

A)
[css]-webkit-appearance:none;[/css]を指定する。

 -webkit-appearance:none;