凄く滑らかなロールオーバーを超お手軽に実装できるrollover2.jsというものがあるんですが
クロスフェードするロールオーバー処理をお手軽に実装するJavaScript – KAZUMiX memo
クロスフェードするロールオーバー処理 動作サンプル – XHTML サンプル | KAZUMiX memo

これ、imgにvertical-align:bottom;や
vertical-align:top;を指定してある場合、
operaでpositionの基準点がうまくいってないような感じの
とんでもない表示になってて(v10.50以前は確認してないけど)

例 / positionの基準点がうまくいってない感じの表示
[image]左がfirefox、右がopera

今気づいたけど
aタグの中にrollover2.jsのロールオーバー対象になるimgだけが入っていると
おかしくなる。

aタグの中にimgの他に、テキストが入っているとおかしくならない。

蛇足 / imgにvertical-align:bottomしたい(してる)理由

ご存知vertical-alignの初期値はbaselineなので
アルファベットのg,j,p,q,yの下に飛び出る部分(ディセンダって名称らしい*1)の余白が確保され、テキストと並べた時にimgの下に隙間ができちゃう

この隙間を埋めるには、vertical-align:text-bottomを指定するのが定石みたいなんだけど
operaだとテキストの位置がズレてたので(10.50以降?)、
いつしかbottomで指定するようになって
しばらくしてbottomを指定するようになった理由を失念してました。

[image]text-bottomとbottom
今確認してみたらbottomも表示が変だった><;;;なんだこれ。

とりあえず
vertical-align:text-bottomを指定しとけば
operaでクリック出来なくなるくらい表示が崩れる事はないのかな?

ここから先は失敗を含む試行錯誤メモ

続きを読む